阪神・糸井が8試合ぶり快音! 第1打席で中前安打、29打席ぶりヒット

「1番・センター」でスタメン出場、先制ホーム踏む

 阪神の糸井嘉男外野手が25日の本拠地・巨人戦で第1打席に8試合ぶりとなるヒットを放った。

 この日、「1番・センター」でスタメン出場した糸井は相手先発・大竹の3球目、144キロのストレートを捉えてセンター前にヒット。これが5月16日の中日戦以来、8試合ぶり、29打席ぶりのヒットとなった。

 その後、糸井は上本の左中間二塁打で先制のホームを踏んだ。

関連記事(外部サイト)