ロッテ井口、史上60人目のNPB250号に古巣ファンも拍手 日米通算300号も射程

ロッテ井口、史上60人目のNPB250号に古巣ファンも拍手 日米通算300号も射程

ロッテ・井口資仁【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

今季1号2ランで到達、「今年は出ないかもと思っていた」

 ロッテの井口資仁内野手が、かつての本拠地でNPB通算250本塁打に到達した。25日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。4点リードの5回に左翼席へ2ランを放ち、史上60人目の大台にたどり着き、試合後は「今年は(ホームランが)出ないかもと思っていたので、打ててよかったです」と顔を綻ばせた。

「打った瞬間にいったと思った」という完璧なアーチだった。5回1死一塁。1ストライクからの2球目。ソフトバンク2番手の加治屋の真っすぐを捉えた打球は、綺麗な放物線を描いた。左翼席の一角を埋めたロッテファンが陣取るエリアへと飛び込む今季1号の2ラン。リードを6点に広げ、勝利を決定づける大きな1発となった。

 1996年のドラフト1位でソフトバンクの前身であるダイエーに入団した井口。初本塁打はルーキーイヤーの1997年5月3日の近鉄戦。4回に山崎慎太郎から左越えに放った満塁弾、場所はこの日と同じ福岡ドーム(現ヤフオクドーム)だった。

 メジャー挑戦するまで8年間在籍した古巣との一戦で250号を達成し「(1本目は)だいぶ昔のことで忘れました。8年間応援してもらったし、感謝している。ここで打てて良かったです」。ホークスファンからも拍手をもらい「ありがたいですよね」と喜んだ。

日米300号射程も「だいぶ先になると思いますよ」

 8本塁打を放った1年目から、今季で通算21年目を迎えた。今季初アーチで、ルーキーイヤーからメジャー時代も含めて21年連続本塁打という偉業も達成。日米通算294本塁打とし、日米300本塁打も射程に捉え「だいぶ先になると思いますよ。今、使ってもらえる機会が多いので、1本ずつ積み重ねていきたい」。

 チームは最下位に沈み、チーム打率1割台と歴史的な貧打に苦しんでいる。

「もう少し投手が安心して投げられる状況を作ってあげないと。野手が点を取ってあげないと」

 いまだ衰えぬ力を見せた42歳。ロッテにとって、まだまだ欠かせない存在だ。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)