OB藪恵壹氏が見る阪神好調の要因 鍵握る交流戦には「岩田起用」のススメ

OB藪恵壹氏が見る阪神好調の要因 鍵握る交流戦には「岩田起用」のススメ

阪神・藪恵壹【写真:岩本健吾】

打線は三振が減り四球が増加、元アスレチックス藪氏は「ビリー・ビーンの野球ですよ」

 25日時点で、2位広島に1ゲーム差をつけて首位に立つ阪神。5月6日広島戦で球団史上初となる9点差からの逆転勝利で単独首位に躍り出ると、その後は陥落することなく、トップを走り続けている。2005年以来のリーグ優勝、2014年以来の日本シリーズ進出に大きな期待が寄せられているが、リーグ4位に終わった昨季と何が違うのか――。阪神OBでメジャーでも活躍した藪恵壹氏は、好調を支える最大の要因として「打線のつながり」と「中継ぎ陣の安定感」を挙げた。

「何と言っても打撃でしょう。あとは中継ぎ。開幕からリリーフ陣をほぼ入れ替えずにいる。こんなこと滅多にないんじゃないかな(笑)。打線も中継ぎも、軸となるメンバーを固定できているのは大きいですね。メジャーを見ても、強いチームは打順とブルペンの役目を固定できている。これはいい傾向です。

 打線で言えば、去年は三振が多くて四球が少なかったのが、今年はまるっきり逆になって、三振数が減って四球が取れるようになった。つなぐ野球ってヒットを打たなくてもいいんですよ、アウトにならなければ。四球で出塁できればいい。(MLBアスレチックス強化担当責任者の)ビリー・ビーンの野球ですよね」

 昨季の阪神は、リーグ最多の1149三振を記録する一方、435四球はリーグ平均(438)とほぼ変わらず。三振1つに対する四球数を示す指標BB/Kは0.38だった。だが、今季は25日現在、三振数はリーグ最少の296、四球数はリーグ2位タイの167で、BB/Kは0.56。昨季に比べると、格段に三振の割合が減っていることが分かる。

 4月は開幕の広島3連戦、18?20日の中日3連戦の2カードを負け越したのみ。着実に貯金を増やした阪神を勢いづけたのが、5月5日に4点差をひっくり返す逆転勝利を収め、翌6日には球団史上初となる9点差の逆転劇を演じた広島3連戦だった。

藪氏が提案する「スイッチヒッターの2番起用」

「あれで阪神は勢いがつきましたよね」と話す藪氏は、去年との差について「やっぱり鳥谷(敬)の調子でしょう。いいスタートを切った後に少し落ち着いたけど、また盛り返した」と話す。ここに来て打率3割を切り、24日の巨人戦では顔面死球で鼻骨を骨折するというアクシデントはあったものの、25日の試合にはフェイスガードをつけて代打で出場。首位キープには必要不可欠な存在だ。

 28打席ノーヒットと苦しんだ糸井嘉男外野手、そして主将の福留孝介外野手についても「多少波はあるけれど、打率.280前後を保っている」と評価する。

「若手では中谷(将大)が元気がいいし、高山(俊)は昨季並みに150安打は打ってくれるでしょう。高山はまだ穴はあるけど、ヒットを打っているから、1軍で使いながら育てることができる。状態のいい(伊藤)隼太もいるし、若手の底上げができていますよね。それというのも、143試合で126通りのオーダーを組まなければいけなかった、去年の試行錯誤があるからでしょう。経験のない選手に経験させる1年だったから」

 負傷離脱している西岡剛や坂本誠志郎らの戦列復帰が近づくなど、打線はさらに戦力アップが予測される中、藪氏が提案するのが「スイッチヒッターの2番起用」だ。

「ショートの守備に関して言えば、大和が一番上手い。大和が守っていると投手も安心できると思いますよ。しかも、2番にスイッチヒッターを置けると、相手先発が左右どちらでも打線が機能しやすくなる。大和でも西岡でも、スイッチヒッターを2番に置くと面白いでしょうね」

 一方、元OB、元投手コーチとして気に掛かるのが、先発投手だという。

「先発1番手のメッセンジャーに、秋山、能見、藤浪と続く形。その後は投げてみないと分からないという投手が多い印象ですね。そこを埋める存在が出ると安定感が増しますね。

 チーム防御率はいいんだけど、これはブルペンのおかげ。先発のクオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)が少なくて、40試合が終わったところでQS率は52.5パーセントだった。DeNAに次いでリーグ2番目に悪いですから。

 今、打たれても先発陣が踏ん張れるのは、9点差を返せる打線があるから。少々打たれても跳ね返してくれるって思えるのと、もう1点もあげられないって思うのでは、心理的にまったく違います。打線の調子がいいうちに、先発がQSを増やせるようにできるといいですよね」

2015年の交流戦で好投した岩田「パの打者はツーシームに手こずるんですよ」

 そして、30日からは交流戦が始まる。毎年交流戦を勝ち越したチームがクライマックスシリーズまでコマを進める傾向にある。阪神が交流戦を勝ち越すためのポイントとして「岩田稔の起用」を提言している。

「パ・リーグの打者は岩田のツーシームに手こずるんですよ。強引に打ちに行くとショートゴロや二塁ゴロになる。2015年に交流戦で4試合に先発して、ソフトバンク戦こそ4回1/3を4失点で黒星でしたが、残り3試合は2勝0敗、25イニングを投げて自責は6点です。彼を交流戦に合わせてピンポイント起用してもいいと思いますね。

 あとはDHのあるパ・リーグ本拠地でどう戦うか。ロッテ、オリックス、ソフトバンクの合計9試合。慣れていない試合形式で負け越さないことですよね。おそらくDHは福留でしょうから、ライトに中谷、隼太の先発もあるかもしれない。相手打線に投手が入らないことも1つの鍵でしょう。

 ここを勝ち越しで乗り切れれば、いい形で前半を終えられる。そうすれば、CS進出やリーグ優勝も具体的に見えてくるかもしれません」

 これから差し掛かる中盤で、阪神はどんな戦いを見せてくれるのか。広島との首位争いが激化するのか、あるいは独走態勢に入るのか。交流戦の戦い方も含め、注目だ。

佐藤直子●文 text by Naoko Sato

関連記事(外部サイト)