前田健太、“交代寸前”から逆転打 決断の監督「ちょっとした駆け引きだよ」

前田健太、“交代寸前”から逆転打 決断の監督「ちょっとした駆け引きだよ」

投打で貢献した前田健太【写真:Getty Images】

“本職“の投球では初回3失点後に力投、ロバーツ監督は評価「競争力を示してくれた」

 ドジャースの前田健太投手が25日(日本時間26日)の本拠地カージナルス戦で復帰し、4勝目(2敗)をマークした。初回に3失点を喫するも、5回まで粘りの投球で7安打4奪三振3失点。バットでも4回に逆転2点打を放つ活躍を見せ、7-3での勝利に貢献した。デイブ・ロバーツ監督は2回以降に立ち直った右腕について「競争力を示した」と評価している。MLB公式サイトが報じている。

 左太もも裏の張りで故障者リスト(DL)入りしていた右腕は5月10日のパイレーツ戦以来、約2週間ぶりのマウンドに上がった。初回、4安打を浴びるなど3失点と苦しんだが、2回以降は立ち直り、スコアボードにゼロを並べた。

 記事によると、5回78球の粘投を見せた日本人右腕について、ロバーツ監督は初回の失点を擁護したという。

「ケンタはいきなりジョーコへの変化球が少し高めに浮いた。それがギリギリでフェアになってしまった。だから、初回はそこまで悪いというわけではなかった。慎重な投球を見せていた。そこから4イニングを無失点に抑えて、競争力を示してくれた」

 1回1死一、二塁のピンチで、前田が4番ジョーコへ投じた初球カーブは真ん中に入った。左翼線への2点タイムリーツーベースをいきなり打たれてしまったが、そこからは修正力を見せつけた。

地元メディアも指揮官の采配を称賛、ロバーツ監督は「彼は何が何でも打とうとする」

 さらに、1点差に迫った4回2死二、三塁の打席では、左翼線を破る逆転の2点タイムリーを放った前田。この日は、バットでも勝利に大きく貢献したが、この場面、打席が回る直前まで、ネクストバッターズサークルにはフォーサイスが前田の代打として待機していた。しかし、ロバーツ監督は先発右腕を代えることなく、そのまま打席に送る決断を下した。

 米テレビ局「NBCロサンゼルス」電子版は「プイグが右前打で1点を返し、2-3と詰め寄ると、フォーサイスが打席に向かう番となったが、直前にロバーツは彼を呼び戻し、マエダを打席へと送り返した」と説明。そして、指揮官が試合後に「あの時点で彼の投球内容なら、彼は何が何でも打とうとする。私のちょっとした駆け引きだよ」と振り返ったことも紹介している。狙いは見事に的中。記事では「当惑してしまうような采配は成功し、ロバーツを天才のように見せた」と、その采配を称えている。

 ドジャースは6回からマウンドに上がった柳が無失点の快投を見せ、“日韓継投”で白星を掴み取った。前田は自身3連勝を記録。防御率は5.08となっている。

関連記事(外部サイト)