敵主砲も悔やんだ前田健太の逆転V打 左翼線適時打に左翼線適時打でリベンジ

敵主砲も悔やんだ前田健太の逆転V打 左翼線適時打に左翼線適時打でリベンジ

ドジャース・前田健太【写真:GEtty Images】

マエケンが5回3失点で4勝目&逆転V打、敵主砲「ちょっとのところで届かなかった」

 ドジャースの前田健太投手が25日(日本時間26日)の本拠地カージナルス戦で復帰登板に臨み、4勝目(2敗)をマークした。初回3失点ながら2回以降、無失点に抑える粘りの投球を見せる一方、4回に自ら決勝の2点タイムリーを記録。この打撃に先制2点タイムリーを放ったカージナルスの4番打者も悔しがっている。MLB公式サイトが報じている。

 前田がバットで借りを返した。1点を追う4回2死二、三塁。1ボール2ストライクと追い込まれながら、相手のエース右腕ワカの7球目を引っ張った。三塁線を見事に破るヒットで2人が生還。序盤から劣勢だったチームがここで試合をひっくり返した。

 この時、三塁で必死のダイビングキャッチを試みたのが相手の4番打者ジャーコだった。記事の中で相手主砲は「僕のグラブをかすめたんだ。グラブで捕球できそうだったが、あとちょっとのところで届かなかった。近づいたのに、しっかりと掴むことができなかった」と悔しさを滲ませている。

 ジョーコは初回に前田から左翼線を破る先制2点タイムリーをマーク。3回にもヒットを放ち、2安打2打点と活躍した。しかし、その後、目の前で右腕に“リベンジ”を許し、悔しさを募らせた様子だ。

 前田はこの日5回78球を投げ7安打4奪三振3失点で防御率5.08。自身3連勝で4勝目をつかみ、打撃でも今季初打点の活躍だった。

関連記事(外部サイト)