3連勝中もその間の防御率4.71 日ハム有原、“試金石”のソフトB戦へ

3連勝中もその間の防御率4.71 日ハム有原、“試金石”のソフトB戦へ

日本ハム・有原航平【写真:石川加奈子】

「白星はチームのおかげ」、内容を追求して勝利目指す

 日本ハムの有原航平投手が27日のソフトバンク戦(札幌ドーム)に向けて「全力で腕を振って、とにかく抑えたい」と闘志を露わにした。

 開幕戦から自身4連敗したものの、現在は3連勝中と上昇気配に見える。だが、その3試合、19回1/3を投げて自責10、防御率4.71という数字に納得はしていない。「白星はチームのおかげ。いいピッチングをして勝てるようにしていきたい」とエース候補は内容を追求する。

 今季初対戦となるソフトバンク戦は絶好の“試金石”になる。「クリーンアップに最近ホームランが出ているので、その前にランナーをおかないように。無駄なフォアボールをなくして集中して投げていきたい」と自分に言い聞かせるように話した。

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

関連記事(外部サイト)