ボールガールの美技に「ナイス!」 痛烈ワンバン打球をジャンピングキャッチ

ボールガールの美技に「ナイス!」 痛烈ワンバン打球をジャンピングキャッチ

米ボールガールの好捕に称賛

ボールガールの美技に「ナイス!」 痛烈ワンバン打球をジャンピングキャッチ

カブスのハビア-・バエズ【写真:Getty Images】

ファールボールに抜群の反応、体を目いっぱい伸ばしながら好捕

 28日(日本時間29日)のドジャース-カブス戦で、ボールガールの“美技”が飛び出し、話題となっている。

 6-4とドジャースの2点リードで迎えた5回だった。1死二、三塁の好機で、カブスのバエズがドジャース2番手フィールズの96マイル(約155キロ)の直球を打ったが、三塁方向へと切れるライナー性のファウルに。すると、直後に球場が歓声に包まれた。

 左翼ファウルゾーンで椅子に座っていたボールガールが、頭上を越えてスタンドへ飛び込もうとする痛烈な打球をジャンピングキャッチ。目前でワンバウンドする難しい当たりだったが、素早く反応して、体を目いっぱい伸ばしながらグラブに収めた。

 地元テレビ局の実況と解説は、「おお、ナイス!」「ナイスプレー!」と客席のファンを救う“美技”を絶賛。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」はツイッターで「簡単そうに見せている」と綴り、MLB公式サイトも「このボールガールはこのためにここに来ているんだ!」と“責任感”あふれるキャッチを称えている。

 ボールガールは大歓声の中で最前列に座るファンとハイタッチ。ボールを手渡すと、何事もなかったかのように椅子に座り直した。

関連記事(外部サイト)