野球女子日本代表「マドンナジャパン」に史上初の女性監督 橘田氏の就任発表

野球女子代表に初の女性監督

9月には第1回アジア杯に出場、18歳以下のメンバーで参戦へ

 NPBエンタープライズは29日、侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」が今年9月2日から香港で開催される「第1回BFA 女子野球アジアカップ」に参加することを表明。監督には、野球日本代表史上初の女性監督となる橘田恵氏(履正社高等学校女子硬式野球部監督)が就任することが決定したと発表した。

 侍ジャパン女子代表は昨年の第7回女子野球ワールドカップで5連覇を達成。WBSC世界ランキング(女子)1位となっているが、今回が初開催となるアジア杯では若手選手の育成、競技力向上・強化を目的に18歳以下の選手で編成し、初代王者を狙うという。

 コーチには埼玉栄高等学校の齋藤賢明(さいとう・かたあき)氏、作新学院高等学校の田代恭規(たしろ・やすのり)氏、福知山成美高等学校の長野恵利子(ながの・えりこ)氏が就任。出場選手(20人)については、6月中旬発表予定となっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

関連記事(外部サイト)