育成出身25歳がソフトB救世主に? プロ初先発へ、工藤監督「今がチャンス」

育成出身25歳がソフトB救世主に? プロ初先発へ、工藤監督「今がチャンス」

ソフトバンク・石川柊太【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

ホークス右腕・石川が交流戦でプロ初先発へ、「当たって砕けろ、みたいな感覚」

 ビッグチャンスが転がり込んできた。ソフトバンクの石川柊太投手。先発の台所事情が厳しい中で、31日の中日戦(ヤフオクD)でプロ入り初先発することが決まった。首脳陣から伝えられたのは29日。札幌から福岡へ戻ったヤフオクドームで通達された。

「チャンスといえば、チャンスですね。特に(感じたことは)ないですけど、ちょっと緊張感が出てきたかな」。報道陣が自身の声を求めているであろうことを感じ取り、自ら報道関係者が待つところに姿を見せて、こう語り始めた。

 ソフトバンクの先発の台所事情は厳しい。先週には、水曜の摂津、木曜の中田、金曜のバンデンハーク、プロ初先発だった土曜の松本の4人が4試合連続で5回持たずにKOされた。摂津は登録抹消となり、水曜に出来た穴を埋める存在として白羽の矢が立った。

「今年は中継ぎで回って結果を出して、いずれは先発をやりたいというのはあった。早いなと思いますが、こんなに先発の人が立て続けに離脱するとは思っていなかった。チャンスだというのは感じています」。先週は4試合に登板しており、打者3人、9球を投げた27日の日本ハム戦(札幌D)から中3日。ブルペンにも入らず、初の先発マウンドに上がる。

工藤監督「今がチャンス」

「結果的に9回を投げ切りたいというのはありますけど、それは1回1回、1球1球を積み重ねた結果になる。先を見過ぎないようにしたい。当たって砕けろ、みたいな感覚ですね」。自らに、過度な期待はしない。出来ること、やるべきことを、しっかりとやることに集中する。

 昨季途中に育成から支配下となり、今季は初めて開幕1軍を掴み取った石川。ロングリリーフ要員として、ここまで17試合に登板し、防御率2.81の成績をマーク。初の1軍での日々を「投げることが経験、成長になる。投げる喜びを感じながら、投げないといけない。先発も成長出来る1つのチャンス」という。

「調子が良くても、悪くても、まとめられるか、ストライクゾーンで勝負できるか」と語る石川。先発を任せることに決めた工藤公康監督は「球威、力のある投手なので、先発というよりも、最初のリリーフくらいで投げてくれればいい。今がチャンス。いい投球をすれば、次回にもつながる。彼の可能性を試す意味でも、いいのかなと思います」とした。育成出身の25歳が、ソフトバンク投手陣の救世主となるだろうか。 

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)