四国IL徳島を就任半年で優勝に牽引 海外経験豊富な国際派監督の教えとは

四国IL徳島を就任半年で優勝に牽引 海外経験豊富な国際派監督の教えとは

記事画像

就任1年目に優勝、徳島・養父鐡監督の教えとは

 四国アイランドリーグplusは、5月28日に2017年前期シーズンを終えた。前期を制したのは徳島インディゴソックス。21勝9敗4分けで勝率.700の成績で、2位高知ファイティングドッグスに4ゲーム差をつけて優勝した。就任わずか半年でチームを頂点へ導いた養父鐡監督に優勝の喜びを聞いた。

――養父監督は就任から半年で、チームを優勝に導きました。

「去年後期は最下位でした(前後期通算では2位)。中島輝士監督が退任されて、僕が就任したのですが、シーズン前に見た時は、打線は破壊力があってすごく強いと思った。でも、軸となる投手がドラフトで2人(福永春吾・阪神6位、木下雄介・中日育成1位)が指名されたために(今季の戦力が)見えなかった。そこで去年、力はあったのにドラフトにかからなかった松本憲明を軸にして、新しい選手も入れて立て直したんです。それがうまくいった感じですね。

 でも、一番大きな要因は、僕と一緒に入ってきた鈴木康友コーチと、去年からいた駒居鉄平コーチのチームワークが良かったことではないでしょうか。鈴木コーチが50代、僕が40代、駒居コーチが30代と世代は違いますが、監督とコーチの和ができた、いい空気になっていたから優勝したのではないかと思います」

――選手を指導してみて、どんな感想を持ちましたか?

「ここにいる選手は、ずば抜けた子は少ないですね。途中で野球をやめたり、いろんな事情を持っていたりする選手も多い。そういう選手たちに、いかにやる気を出させるか、を考えていました。監督というよりマネジメントに近いかもしれません。

 基本的にはプレーをするのは選手たちなので、言うべきことがあれば、上から押し付けるのではなく選手に歩み寄りました。ガンと押さえつけるようなことは、僕はしません。私自身は、そういう指導法も経験してきましたが、そういう形でできるようになっても、選手のためになるのかな、と疑問を持っています。

 プレーしているのは君たち。君たちが自分で考えるべき。そういう意味も込めて、今年のスローガンを『プロフェッショナリズム』にしたんです。プロとは、自分たちで考えてプレーできる選手のこと。自分で行動が起こせて、結果が出せて、なおかつお客さんが喜べるよう(な選手)になるのが一番です。去年活躍できていなかった投手が何人か、今年はいい防御率を残せるようになった。キャンプ中からいろいろ話をして、すごく成長が感じられた3か月でした」

「従来のスタイルは一切変えました。僕のやり方にさせてもらいました」

――徳島インディゴソックスには、12年の歴史があります。ある種のスタイルができているのでは。

「僕は、従来のスタイルは一切変えました。僕のやり方にさせてもらいました。鈴木康友コーチも『監督に好きなようになってください』と言ってくださったし、いろいろ見直しました。球場ではガンガン音楽をかけたし、今までやっていないことをやりました。選手はやりやすくなったのではないでしょうか。今の徳島は明るいし、みんな元気でしょ? プラス思考になるような枠組み作りをしたんです」

――今季はNPBに指名されそうな有望な選手はいますか?

「4〜5人は、面白いなという子はいます。彼らにはぜひ、上の世界に行ってほしい。でも、せいぜい5パーセントが上に行ける程度です。あとの選手は野球をあきらめることになる。僕もプロになるのに苦労をした方ですから、そういう選手にもあとあとためになるいい経験をしてほしいですね。

 今季は外国人も活躍しましたが、僕自身、海外での経験が長く、英語も北京語もスペイン語もできるので、いろんな国からきた選手をまとめることができた。やりやすいと言ってくれています」

――養父監督は、これまでの監督とは少し違うタイプのように見えます。

「僕自身が今も現役の経営者です。今も神奈川県で野球のスクール(Roots Baseball Academy 養父鉄野球塾)も運営しています。日本の監督は何か偉い人のような感じ、ボスみたいですが、海外では監督は偉いわけじゃない。英訳すればマネージャーですから。

 選手に方向性を与え、動機付けはしますが、やってるのはお前たちだから自分で考えて自分で動けないとプロには行けないよ、そういうことですね」

「優勝でもしない限り、人は注目してくれません」

――6月、7月と試合のない日が続きます。この時間が大事だと思いますが。

「天津ライオンズとの練習試合の予定はありますが、6月はそんなに練習しなくていいと言っています。それよりも体づくり、トレーニングをすべきだと思います。シーズン中は試合に追われてトレーニングがおろそかになる。結果的に怪我しやすくなるんですね。シーズン中でも、野手、投手問わずトレーニングをしようと言っています、体が大きくならないと練習もできない。それを選手に常々話しています。7月は練習試合、ミニキャンプも考えています」

――後期に向けて、どんな目標を立てていますか?

「僕にとって徳島はほとんどなじみがない土地です。野球好きな人はたくさんいるんでしょうが、お客さんはあまり来てくれないですね。社会人野球が衰退している中、独立リーグの存在意義は大きくなっていると思うのですが、少し残念です。

 徳島インディゴソックスは、他の3球団と比べても球場や練習設備など環境的には良くないと思います。でも、不満を言っても仕方がない。その中で優勝でもしない限り、人は注目してくれません。人も来てくれませんし、話も聞いてくれません。じゃ勝とうよ、ということで頑張って結果を出したわけです。

 前期優勝したことで、チャンピオンシップ出場の切符は手にしたわけですから、後期は思い切ったこともしてみたい。これまで投げていなかった投手を先発させたり、打順を代えたり。そういう形で、チームのポテンシャルを上げていきたいですね」

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)