ホークス急成長捕手の甲斐が追加点演出 2試合連続打点でバットでも貢献

2回に左中間を破る適時二塁打で1軍デビュー石川をサポート

 ソフトバンク打線の勢いは止まらない。31日の中日戦(ヤフオクD)。2点の先制に成功した後の2回にも、追加点をあげた。

 得点を生み出したのは、急成長を遂げている捕手の甲斐だ。2回1死一塁。2球で追い込まれた後、1球のボールを挟み、食らいつくように2度ファール。1ボール2ストライクからの6球目、真ん中低めへのスライダーを弾き返した打球は左中間へ。左翼・藤井が伸ばしたグラブは届かず、左中間を破った。一塁走者の上林は一気に本塁へ。適時二塁打で3点目を奪った。

 高い盗塁阻止率と、矢のようなスローイングが脚光を浴びている甲斐。開幕からコンビを組んできた東浜、千賀に加え、この日プロ初先発となった石川や松本といった若い投手が先発ローテに入ってきたことで先発の機会も増えてきた。これで2試合連続で打点を挙げ、守備だけでなく、バットでもチームに貢献している。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)