ソフトB育成出身・石川がプロ初先発初勝利、指揮官「予想以上でしたね」

ソフトB育成出身・石川がプロ初先発初勝利、指揮官「予想以上でしたね」

プロ初勝利を記録したソフトバンク・石川柊太【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

中継ぎ登板の27日ハム戦から中3日で先発「よかったですよ」

 交流戦3年連続の勝率1位を狙うソフトバンクが、連勝スタートを飾った。31日の中日戦(ヤフオクD)に7-2で快勝。打線が8試合連続2桁安打とつながれば、プロ入り初先発となった石川が6回2失点でプロ初勝利。工藤公康監督は「石川は予想以上でしたね。4回か、出来れば5回までいってくれれば、と思っていたので」と、右腕の快投を手放しで称えた。

 初回、先頭の川島が左翼線への二塁打で出塁すると、今宮の犠打で1死三塁。続く柳田が左翼線への適時二塁打。前夜と同じような形で先制点を奪い、デスパイネにも適時内野安打が出て、いきなり2得点。指揮官も「川島くんのツーベースが大きかった。昨日に引き続いて、初回に点を取れて主導権を取れた。投手にとっても大きかったと思う」と振り返る。

 幸先良く援護をもらうと、右腕は着実にアウトを積み重ねていった。3回に大島の適時打、4回にゲレーロにソロを浴びて1点ずつを失ったが、それぞれ最少失点で留めた。27日の日本ハム戦(札幌D)から中3日での登板だったが、6回まで投げ抜いた孝行息子に、指揮官も「良かったですよ。長いイニングも、自分の投球が出来ればと思ってくれていたと思う」と?を緩めた。

 打線は初回から4イニング連続で得点を奪い、球団記録にあと1試合と迫る8試合連続2桁安打。3回にデスパイネがソロ、4回には今宮にもソロが出て14試合連続本塁打と好調が続く。3カード連続で勝ち越しを決めて、5月は18勝7敗でフィニッシュ。首位・楽天にプレッシャーをかけ続けていく。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)