投打の新鋭・上林&東浜の力で躍進! 5月のパはソフトBが月間勝率7割超

投打の新鋭・上林&東浜の力で躍進! 5月のパはソフトBが月間勝率7割超

ソフトバンク・上林誠知【写真:荒川祐史】

上林は秋山と並んで月間最多安打、日ハムのレアードが本塁打&打点の2冠

 5月が終わった。NPBは2か月を消化して、交流戦に入っている。パ・リーグでは、4月好調だったオリックスが低迷し、ソフトバンクが地力を発揮しだしている。ここでは5月の月間成績を振り返ってみたい。

○順位

1ソフトB(25試合18勝7敗0分、勝率.720)
2楽天(23試合16勝7敗0分、勝率.696)
3日本ハム(23試合14勝9敗0分、勝率.609)
4西武(24試合13勝11敗0分、勝率.542)
5ロッテ(26試合7勝19敗0分、勝率.269)
6オリックス(25試合6勝19敗0分、勝率.240)

 ソフトバンクが1か月で11の貯金。楽天も依然として好調。日本ハムは5月前半は好調だったが、後半はやや低迷。西武までが勝ち越したが、ロッテ、オリックスは大きく負け越した。

【打者5傑】

○安打
1上林誠知(ソ)33
1秋山翔吾(西)33
3内川聖一(ソ)32
4松田宣浩(ソ)31
5柳田悠岐(ソ)30
5浅村栄斗(西)30
5源田壮亮(西)30

○本塁打
1デスパイネ(ソ)10
1ウィーラー(楽)10
1レアード(日)10
4松田宣浩(ソ)8
5上林誠知(ソ)6
5内川聖一(ソ)6
5ダフィー(ロ)6

○打点
1レアード(日)27
2デスパイネ(ソ)26
2浅村栄斗(西)26
4ウィーラー(楽)22
4内川聖一(ソ)22
4柳田悠岐(ソ)22

○盗塁
1西川遥輝(日)9
2源田壮亮(西)8
3外崎修汰(西)4
4柳田悠岐(ソ)3
4上林誠知(ソ)3
4秋山翔吾(西)3
4西野真弘(オ)3
4中島卓也(日)3

○打率(規定打席以上)?1近藤健介(日).397
2上林誠知(ソ).355
3秋山翔吾(西).351
4松田宣浩(ソ).344
5茂木栄五郎(楽).341

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1秋山翔吾(西)24.89
2ウィーラー(楽)22.41
3レアード(日)22.33
4デスパイネ(SB)22.13
5松田宣浩(ソ)21.84

 最多安打はソフトバンクの新鋭上林と西武、秋山。日本ハム、レアードは本塁打、打点の2冠王。近藤健介は4割をわずかに割り込んだが高打率を維持している。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1東浜巨(ソ)4
1則本昂大(楽)4
3有原航平(日)3
3浦野博司(日)3
3五十嵐亮太(ソ)3
3千賀滉大(ソ)3
3バンデンハーク(ソ)3
3菊池雄星(西)3
3岸孝之(楽)3

○セーブ
1松井裕樹(楽)7
2増井浩俊(日)6
3サファテ(ソ)5
4増田達至(西)4
5内竜也(ロ)3
5平野佳寿(オ)3

○ホールド
1谷元圭介(日)8
2マーティン(日)6
2宮西尚生(日)6
2シュリッター(西)6
2牧田和久(西)6
2ハーマン(楽)6

○奪三振
1則本昂大(楽)46
2東浜巨(ソ)38
3菊池雄星(西)31
4岸孝之(楽)26
4涌井秀章(ロ)26

○防御率(規定投球回数以上)?1菊池雄星(西)1.24
2美馬学(楽)1.29
3東浜巨(ソ)1.95
4則本昂大(楽)2.25
4二木康太(ロ)2.25

○PR(PitchingRun)投手の総合指標n:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出?1菊池雄星(西)81.07
2東浜巨(ソ)77.37
3美馬学(楽)77.04
4則本昂大(楽)57.18
5千賀滉大(ソ)55.51

 リーグ防御率は4.04。ソフトバンクの東浜と楽天の則本が4勝、西武の菊池は4試合すべてでQS(クオリティー・スタート、6回以上を投げて自責3以下)。三振は則本が断トツ。救援では楽天の松井が7セーブ、日本ハムの谷元が8ホールドとなっている。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)