広島は鈴木中心の打線、阪神は先発投手陣が活躍 セ5月は“2強”が好調維持!

広島は鈴木中心の打線、阪神は先発投手陣が活躍 セ5月は“2強”が好調維持!

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

打撃は助っ人が躍動、巨人マギーや中日ビシエド&ゲレーロが活躍もチームは…

 5月のセ・リーグは2強4弱の構図となった。じりじりと広島、阪神と他球団の差が開きつつある。5月の月間成績を振り返ってみよう。

○順位

1広島(24試合15勝9敗0分、勝率.625)
1阪神(24試合15勝9敗0分、勝率.625)
3DeNA(25試合12勝13敗0分、勝率.480)
4巨人(24試合10勝14敗0分、勝率.417)
4ヤクルト(24試合10勝14敗0分、勝率.417)
6中日(25試合10勝15敗0分、勝率.400)

 広島、阪神が勝率6割で走っている。他の4球団は負け越し。2位と3位が7差になり、リーグの構図が明らかになってきた。

【打者5傑】

○安打
1マギー(巨)35
2雄平(ヤ)34
3坂口智隆(ヤ)32
4宮崎敏郎(De)31
4京田陽太(中)31

○本塁打
1ゲレーロ(中)10
2エルドレッド(広)9
3ビシエド(中)8
4鈴木誠也(広)5
4坂本勇人(巨)5
4中谷将大(神)5

○打点
1ビシエド(中)25
2エルドレッド(広)22
3鈴木誠也(広)21
4ロペス(De)19
5ゲレーロ(中)17
5丸佳浩(広)17
5雄平(ヤ)17

○盗塁
1田中広輔(広)7
2坂本勇人(巨)4
2山田哲人(ヤ)4
2大島洋平(中)4
5丸佳浩(広)3
5梶谷隆幸(De)3
5京田陽太(中)3
5上本博紀(神)3

○打率(規定打席以上)
1マギー(巨).389
2宮崎敏郎(De).352
3雄平(ヤ).347
4ビシエド(中).341
5バレンティン(ヤ).338

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1鈴木誠也(広)23.50
2ビシエド(中)23.02
3田中広輔(広)21.87
4丸佳浩(広)20.88
5マギー(巨)19.89

 外国人選手の活躍が目立つ。最多安打と首位打者は巨人のマギー、本塁打は中日のゲレーロ、打点も中日のビシエド。しかし、外国人打者が好調でも巨人、中日は勝ち星が上がっていない。RCは広島の鈴木誠也が勝負強い打撃で1位となっている。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1薮田和樹(広)3
1菅野智之(巨)3
1秋山拓巳(神)3
4大瀬良大地(広)2
4岡田明丈(広)2
4九里亜蓮(広)2
4中村祐太(広)2
4野村祐輔(広)2
4大竹寛(巨)2
4田口麗斗(巨)2
4井納翔一(De)2
4ウィーランド(De)2
4能見篤史(神)2
4マテオ(神)2
4メッセンジャー(神)2
4石川雅規(ヤ)2
4星知弥(ヤ)2
4ジョーダン(中)2
4鈴木翔太(中)2

○セーブ
1ドリス(神)7
2カミネロ(巨)6
2田島慎二(中)6
4今村猛(広)4
4パットン(De)4

○ホールド
1ジャクソン(広)9
2三上朋也(De)8
3マシソン(巨)7
3石山泰稚(ヤ)7
3ルーキ(ヤ)7

○奪三振
1メッセンジャー(神)39
2秋山拓巳(神)33
3菅野智之(巨)31
4M口遥大(De)28
4ブキャナン(ヤ)28

○防御率(規定投球回数以上)
1能見篤史(神)0.34
2田口麗斗(巨)1.55
3野村祐輔(広)1.88
4井納翔一(De)2.32
5九里亜蓮(広)2.39

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1能見篤史(神)92.31
2田口麗斗(巨)65.17
3野村祐輔(広)46.18
4井納翔一(De)45.77
5菅野智之(巨)41.56

 リーグ防御率は3.80。阪神の能見は4試合、26回2/3を投げて自責点はわずか1の好投。メッセンジャーは最多奪三振で2勝、秋山は3勝。救援投手では、ドリスが依然好調で7セーブをマークした。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)