G打線から12Kで偉業、楽天・則本昂大がMLB最長記録も射程に

G打線から12Kで偉業、楽天・則本昂大がMLB最長記録も射程に

楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

7戦連続2桁奪三振の日本記録を樹立した楽天・則本

 楽天の則本昂大投手が1日の交流戦・巨人3回戦で8回を投げ、12奪三振を記録。7試合連続2桁奪三振を記録した。これは、野茂英雄が1991年に記録した6試合連続を上回るNPB最高記録となった。

 4月19日に始まった奪三振ショーをイニングごとに追いかけていこう。(※は1イニング3三振)

4月19日西武戦(メットライフ)
8回135球10奪三振自責点3
1回浅村
2回渡辺
3回―
4回源田、メヒア
※5回渡辺、木村文、炭谷
6回メヒア
7回外崎
8回渡辺

4月26日ロッテ戦(Koboパーク宮城)
7回106球10奪三振自責点1○
1回大嶺翔、細谷
2回井口、鈴木
3回田村、荻野
4回細谷、井口
5回―
6回細谷
7回ダフィー

5月3日オリックス戦(Koboパーク宮城)
8回0/3、119球12奪三振自責点2○
1回安達、小谷野
2回鈴木昂、若月
3回安達
4回T-岡田
5回小田、若月
6回安達、小谷野
7回伊藤
8回安達
9回―(0/3で降板)

5月10日ロッテ戦(Koboパーク宮城)
9回完封100球12奪三振○
1回平沢、細谷
※2回福浦、ダフィー、田村
3回―
4回細谷、鈴木
5回ダフィー
6回細谷、鈴木
7回清田
8回―
9回猪本

5月17日日本ハム戦(盛岡)
7回117球12奪三振自責点5○
※1回西川、レアード、石井一
2回レアード
3回―
4回西川、岡
※5回近藤、中田、レアード
6回大田、石井一
7回市川

巨人戦ではクリーンアップからそれぞれ2K、メジャー最長記録は…

5月25日オリックス戦(ほっともっと神戸)
8回126球10奪三振自責点1○
1回中島
2回モレル
3回中島
4回モレル
5回宮崎、駿太
6回中島
7回―
※8回駿太、西野、中島

6月1日巨人戦(Koboパーク宮城)
8回129球12奪三振自責点2○
1回―
2回小林
※3回脇谷、立岡、坂本
4回マギー、石川
5回―
6回阿部
7回山本、立岡
※8回坂本、マギー、阿部

 最も厳しい試合だったのは、5月25日のオリックス戦。7回を終了して7奪三振だったが、8回に3者を三振にとって10奪三振に乗せた。6月1日の試合では、1イニング3奪三振を2度にわたって記録。8回に坂本勇人を三振に切って取って大記録を達成したが、続くマギー、阿部も三振させた。巨人のクリーンアップから2個ずつ三振を奪う快投だった。

 7試合のトータルでは6勝0敗、78奪三振、55回を投げて自責点14、防御率2.29、6試合でQSを達成(先発で6回以上投げて自責点3以下)。奪三振だけでなく投球内容もエースと呼ぶにふさわしい。

 MLBでは、ペドロ・マルチネス、クリス・セール(今季2回目を達成)の8試合連続2桁奪三振が最高。今の則本は、狙って三振が取れる球威と切れがある。次回登板も大いに期待できるのではないか。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)