ソフトB交流戦2カード連続初戦白星 バンデン5勝目、サファテ復帰後初セーブ

初回に柳田&デスパの適時打などで4点先制、内川は負傷交代のアクシデント…

 ソフトバンクが敵地で6-4快勝した。2日のDeNA戦(横浜)。序盤の猛攻でリードを奪うと、そのまま逃げ切り、交流戦2カード連続でカード初戦を白星で飾った。

 初回の攻撃で主導権を一気に奪った。先頭の川崎が右中間を破る二塁打で出塁すると、今宮の犠打を処理したDeNA先発のクラインが一塁へ悪送球。あっさりと先制点をもらった。さらに柳田の左翼フェンス直撃の適時二塁打、デスパイネの右翼線への適時二塁打などが出て、いきなり4得点を奪った。

 先発のバンデンハークは、3回に梶谷に8号2ランを浴び、5回には自らの暴投などで2点を失ったが、6回まで4失点とリードを守ると、7回を森、8回を岩崎とつないだ。

 9回には、家庭の事情で一時帰国し、1日に復帰した守護神・サファテが復帰後初登板。無失点に封じて、試合を締めくくった。バンデンハークは5勝目をマーク。また、4番の内川が7回の第4打席で左肩付近を痛めるアクシデントが発生し、途中交代した。

 DeNAは先発したクラインが、立ち上がりに炎上。初回に自らの失策などもあって一挙4点を失うと、2回、5回にも1点ずつを失った。6回まで投げ、5安打ながら4四球もあって6失点で3敗目。打線も3回に梶谷が8号2ラン、5回には倉本の左翼線二塁打から2点を奪って反撃したが、4番の筒香が3打席連続三振に倒れるなど、序盤の大量失点を跳ね返すことが出来なかった。

関連記事(外部サイト)