イチロー6月初打席は見逃し三振、スタントン15号ソロなどでチームは勝利

イチロー6月初打席は見逃し三振、スタントン15号ソロなどでチームは勝利

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

8回に代打出場も見逃し三振、守備には就かず

 マーリンズのイチロー外野手は2日(日本時間3日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に代打で2試合ぶりに出場し、見逃し三振に倒れた。メジャー通算3042安打のままで、歴代24位ロッド・カルー(3053安打)まで11本と変わらず。チームはスタントンの15号ソロなど3発が飛び出し、7-5で勝利した。

 イチローは2点リードの8回1死走者なしの場面で投手の代打として登場。ダイヤモンドバックス4番手チャフィンと対峙すると、フルカウントからの6球目外角球を見逃し、三振に倒れた。9回の守備には就かなかった。

 5回にはスタントンが15号ソロで1打点を挙げて通算579打点とし、マイク・ローウェルの578打点を抜く球団最多打点記録を更新。3本塁打を含む11安打7得点で勝利を収めた。

関連記事(外部サイト)