8連敗中の巨人、初回に4失点 セ防御率トップの田口がT-岡田に3ラン被弾

トンネル脱出を目指すも…初回に大きなビハインド

 巨人の田口麗斗投手が3日、本拠地オリックス戦で初回に4失点を喫した。

 先頭・武田にセンター前ヒットを許すと、川端はニゴロも、安達はライト前ヒットで1死一、三塁。続く小谷野のニゴロの間に先制点を許した。

 続く中島は内野安打で2死一、三塁。すると、T-岡田には内角高めへの直球を捉えられ、右中間スタンドに運ばれた。痛恨の3ラン被弾で4失点。防御率リーグトップの1.73でこの一戦に臨んだ左腕が、オリックス打線にいきなりつかまった。

 巨人は前日の試合で延長11回の熱戦の末に力尽きて敗れ、11年ぶりの8連敗。トンネル脱出を目指す一戦で、初回に大きなビハインドを背負った。

関連記事(外部サイト)