これが最強左腕カーショーの“宝刀”の切れ味 ベース遥か手前でバウンドも…

これが最強左腕カーショーの“宝刀”の切れ味 ベース遥か手前でバウンドも…

ドジャースのカーショウ【写真:Getty Images】

ワンバウンドのカーブに打者は…、敵地はため息とどよめきに包まれる

 ドジャースのクレイトン・カーショー投手が2日(日本時間3日)の敵地ブルワーズ戦で投じた「宝刀」の“切れ味”が大きな話題となっている。この日は勝利投手にはならなかったものの、7回2安打1失点14奪三振と快投したメジャー最強左腕の“衝撃”の1球は、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut」でも紹介された。

 カーショーは通算1996奪三振で迎えたこの試合、圧巻のピッチングを見せた。序盤から奪三振ショーを披露。2回にピラーから史上79人目の通算2000Kを達成した。球団公式サイトによれば、投球回数1836イニングでの達成は、ペドロ・マルティネス(1715回1/3)、ランディ・ジョンソン(1734回)に次ぐ史上3番目の速さで、登板277試合での達成は、ランディ・ジョンソンの262試合に次ぐ史上2番目の速さだったという。

 その後もペースは衰えず、7回までに14Kの快投。味方の援護に恵まれず、7回には先制弾を浴びて103球で降板したものの、チームは9回に同点に追いつくと、延長12回にベリンジャーが決勝弾。2-1で大熱戦を制した。ドジャースの投手陣は、4人の継投で計26奪三振をマークした。

 そして、試合後に大きな話題となったのが、カーショーが奪った8個目の三振。左腕は4回先頭のアギラルを1ボール2ストライクと追い込むと、宝刀のカーブを投じたが、ホームベースのはるか手前でバウンドした。しかし、アギラルはこのボールを振ってしまい、空振り三振。敵地はどよめきとため息に包まれた。

「もし目を閉じてスイングし、強運を祈ることにしても、悪くない賭け」

「Cut4」は「プレート手前で弾むカーブでアギラルをスイングさせたクレイトン・カーショーを見よ」とのタイトルで特集記事を掲載。「ブルワーズに2-1で勝利した金曜夜の試合前時点で、クレイトン・カーショーは被打率.206、被出塁率.262、被長打率.304だった。もし目を閉じてスイングし、強運を祈ることにしても、悪くない賭けだ」として、このシーンを動画付きで紹介している。

「ヘスス・アギラルは試しにそうしたのかもしれない。4回裏、かつてヴィン・スカリー(昨年限りで引退したドジャース中継の名物実況)が“この世で最大の脅威”と評した自慢のカーブをカーショーが繰り出すと、プレートの手前でバウンドしたにも関わらず、アギラルは地底旅行へ向かう投球にスイングせずにいられなかった」

 このように言及している。一方で「これはカーショー相手にアギラルが喫した3三振(そして試合では4三振)の1つだが、気に病むことはない」とも指摘。カーショーがこの試合で14奪三振を記録したこと、2000奪三振に到達したことなどに言及しつつ、ブルワーズがドジャースの計4投手の前に喫した26Kという数字は球団ワースト記録だったことも紹介した。

 普通に考えればありえない空振りも、カーショーのカーブだったら仕方ない――。メジャー最強左腕の前に三振に倒れたアギラルは、むしろ“同情”の対象となっているようだ。

関連記事(外部サイト)