清宮通算100号! 第2試合の最終打席に右中間場外に飛び出す特大弾!

清宮幸太郎が高校通算100号

高校通算100号に達したのは史上2人目の快挙

 早実・清宮幸太郎内野手が高校通算100号弾を放った。4日に招待試合第2試合として行われた亨栄戦で、9回1死走者なしの場面で、亨栄の早矢仕が投じた初球を右中間スタンド場外に飛び出す特大アーチとした。打った瞬間にそれと分かる大アーチに、観客席から大歓声が上がった。

 清宮は前日3日の中京大中京戦で高校通算97、98号、桜丘戦で99号を放ち、100号に王手を掛けていた。高校通算100号に達したのは山本大貴(神港学園・107本)に続き、史上2人目の快挙となった。

関連記事(外部サイト)