ヤクルト9回に猛追で6連敗阻止、山田7号2ランなどで6点差詰めて引き分け

西武はメヒアが9号満弾放つも、中継ぎ陣がリード守れず

 ヤクルトは4日、本拠地での西武戦で8回と9回に合わせて6点を挙げる猛追で同点に追いつき、延長12回の末、8-8の引き分けとした。これで交流戦6連敗は阻止された。

 先発のマウンドに上がったのは、ドラフト2位ルーキー星知弥。2回まで走者を背負いながらも無失点で機に抜けたが、3回、1死一塁から秋山の適時二塁打で1点を失うと、2四球などで2死満塁とした後、メヒアに9号満塁弾を左翼席に叩き込まれた。5回にも1点を失い、7安打6失点と苦しい投球となった。6回にマウンドへ上がった成瀬は、中村に12号2ランを献上した。

 打線は西武先発のウルフに立ち上がりから7者連続凡退とされると、4回にバレンティンの9号ソロで1点、6回に代打大松の適時打で1点。走者を置いた場面での一打に欠く展開を見せていたが、6点を追う終盤に猛追を見せた。

 まずは8回、この日昇格した新外国人グリーンがセンターへ2点タイムリーで4点差に詰めた。すると、9回に1死三塁から山田が2試合連続となる7号2ランで反撃の号砲。2死から3連打で1点差まで詰め寄ると、なおも一、三塁の場面で大引の遊ゴロを、西武源田が一塁へ悪送球し、同点に追いついた。

 西武は先発ウルフが5回5安打2失点とすると、打線がメヒアの9号満塁弾などで援護。だが、8回に南川、9回に増田が失点し、リードを守り切れず。

 試合は延長12回の末、規定により引き分けに終わった。

関連記事(外部サイト)