長嶋氏、高校通算100号の早実清宮を絶賛「ナンバーワンの選手でしょう」

早稲田実業・清宮幸太郎が史上2人目の高校通算100号 長嶋茂雄氏「ナンバーワン」

記事まとめ

  • 巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が高校通算100号を達成した早実・清宮幸太郎を絶賛した
  • 長嶋氏は長嶋茂雄記念岩名球場リニューアルオープンに伴うイースタン公式戦で始球式
  • 清宮について長嶋氏は「実際は見ていないが、ナンバーワンの選手でしょう」と話した

長嶋氏、高校通算100号の早実清宮を絶賛「ナンバーワンの選手でしょう」

長嶋氏、高校通算100号の早実清宮を絶賛「ナンバーワンの選手でしょう」

巨人の長嶋茂雄終身名誉監督【写真:編集部】

超高校級スラッガーのプロ入り期待「出来ればプロ野球に入ってほしい」

 ミスタープロ野球こと、巨人長嶋茂雄終身名誉監督が4日、史上2人目となる高校通算100号を達成した早実・清宮幸太郎内野手(3年)を絶賛した。

「すごいね。新聞とかテレビで(見ただけで)、実際は見ていないが、ナンバーワンの選手でしょう。出来ればプロ野球に入ってほしい。僕はそう思う。早く見たいね」と、1日も早いプロ入りを期待した。同内野手は4日、愛知小牧市で行われた招待試合の享栄戦で、9回に初球を右翼席場外に運び、記録を達成した。

 長嶋氏は千葉・佐倉市の「長嶋茂雄記念岩名球場」リニューアルオープンに伴うイースタン公式戦「巨人-ロッテ戦」の始球式に登場。「ここ佐倉は、小学校の時に野球と出合い、高校(佐倉高校)まで夢中で取り組んだ場所。多くの人に、野球の面白さを実感してほしい」と祝辞を寄せ、第2、第3の長嶋茂雄の誕生を期待している。

 早稲田進学かプロ入りか注目される清宮だが、長嶋氏の発言を受け、超高校級スラッガーの周囲はますますヒートアップしそうだ。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

関連記事(外部サイト)