4回92球で3敗目の前田健太、球数かさみ反省「慎重になりすぎてしまった」

4回92球で3敗目の前田健太、球数かさみ反省「慎重になりすぎてしまった」

今季3敗目を喫したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

3戦連続の早期降板でブルペン陣に負担

 ドジャース前田健太投手は4日(日本時間5日)敵地でのブルワーズ戦に先発し、4回を1被弾を含む2安打2失点(自責2)で3敗目(4勝)を喫した。7奪三振を奪いながら4四死球とあれ、球数は92球とかさんだ。2失点で凌いだものの、早々の降板を余儀なくされた右腕は、試合後「慎重になりすぎたと思う」と通訳を介して話したそうだ。地元紙「ロサンゼルス・タイムス」電子版が伝えている。

 この日は初回にテームズにソロ弾で先制を許すと、2回には2四球と自らピンチを招いたところでソガードに適時打され、2点目を失った。3回と4回は無失点に切り抜けたが、4回を投げ終えた時点で球数は92球に到達。ロバーツ監督は前田に続投させず、5回から中継ぎ陣を投入した。故障者リストから復帰した5月25日カージナルス戦は5回(78球)、同30日カージナルス戦は4回(82球)と3戦連続で早期降板し、ブルペン陣の負担を強いる形になってしまった。

 試合後、前田は登板を振り返り「全体的に、数多くの球を無駄にしてしまいました。思ったところにまったく投げられなかった。だから、こんな結果になってしまいました」と通訳を介して話し、自らの投球を反省したという。

 ロバーツ監督は「バットに当てられることを恐れ、勝負を避ける投球をしている」と指摘。前田自身も、ストライク先行の場面で「慎重になりすぎてしまったのかもしれない」と球数がかさみ、テンポのよくない投球になった原因について言及したとそうだ。

 指揮官は、昨季16勝を挙げて1年目ながらチームの勝ち頭となった右腕を信頼していると話し、次回も先発ローテ通りにマウンドに上がることを確約した。指揮官の信頼が失われないうちに、テンポよく球数少なくアウトを重ねる本来の姿を取り戻したい。

関連記事(外部サイト)