「イッツゴーン」に大反響 日ハム実況担当アナウンサーが英語を使うワケ

「イッツゴーン」に大反響 日ハム実況担当アナウンサーが英語を使うワケ

スポーツ専門チャンネル「GAORA」のスポーツアンカーを務める近藤祐司さん【写真:石川加奈子】

選手からも「“ゴーン”を打ちたい」―スポーツアンカー近藤さんが”英語実況”に込める想い

 日本ハム主催試合の実況中継が面白い。スポーツ専門チャンネル「GAORA」のスポーツアンカーを務める近藤祐司さん(43)が多用する英語はとても印象的だ。

「イッツゴーン(It’s gone)!」は本塁打が飛び出した時の決め台詞。3者凡退に抑えた時には「ワン、ツー、スリー(One two three)」。メジャーリーグの現地中継でよく聞かれる用語を使った実況は、小気味が良くて、耳になじみやすい。選手からも「“ゴーン”を打ちたい」という言葉が聞こえてくるほど浸透し始めている。ファンからも好評で「パ・リーグTV」には「It’s gone!!まとめ」が登場。近藤アナの絶叫を集めて編集された動画が大きな話題となっている。

 これまでの日本の野球中継とは一線を画す新たな実況スタイルはどうやって生まれたのか。近藤さんの思いに迫った。

「僕は、スポーツの会場は非日常空間、普段の生活とは一線を画す空間だと思っているんです。だから、実況も単に打ったとかだけじゃなくて、もっとお祭り感というか、特別な会場だというのを伝えていきたいと常に思っています。

 お祭りというイメージかな。子供のころからアメリカでずっと見ていたんですけど、スポーツの会場がお祭り会場だったんですよ。だから、会場に対する特別感は常に持っています。野球に限らず、どのスポーツでもいろんな人が集まる非日常空間。それをうまく表現していきたいなと思っています。

 その中でもホームランは特別なものだと思っています。流れを変えるお祭りのメインイベントの一つ。それを強調して、ちょっと派手でも伝えようと。選手にとっても、多い選手は何本も打つけど、たまにしか打たない選手もいるし、人生のハイライトの一つ。花を手向けるというか、お祝いの儀という感じで盛り上げたいと思っています」

 小学生時代のほとんどをグアム島で過ごし、高校時代にはサンディエゴにアメフト留学した近藤さんは、当時からアメリカのスポーツ実況に馴染みがあった。現在は日本ハムの試合のほか、メジャーリーグやNFL、NBAなど年間180試合の実況を担当。アメリカの試合はアメリカの中継を見て同時通訳しながら実況をするため、現在進行形で本場の実況に触れている。それらの体験が現在の実況スタイルのベースだ。

代名詞の「イッツゴーン!」、最後に「ヌッ」の音を小さく付け加えるワケ

「子供のころからメジャーリーグとか、NFLとかNBAとか海外の放送を聞いていたんです。だから、おのずとそうなっていったんでしょうね。野球もアメフトもアメリカ生まれのスポーツです。もちろん日本のスタイルにはなってきていますが、ルーツはアメリカ。そういうエッセンスを実況の中で取り入れていきたいなと思っています。

『ワン、ツー、スリー』とか本当に普通なんです。むしろ、それが主流なんじゃないかと思っていたくらい。向こうでは普通に『ワン、ツー、スリー、イニング』ですよ。

 野球って、3という数字がものすごく重要です。三振だし、3アウトだし。人生もホップ、ステップ、ジャンプと言いますけど、1、2、3なんですよ。そのリズムというのは大切だと自分の中では思っています」

 近藤さんが心がけているのは、簡単でリズム感が良くて覚えやすい単語を使うこと。例えば、見逃し三振は『ジャストルッキング』、決め球は『マネーピッチ』、フルカウントは『ペイオフ』になる。

「ダブルプレーの表現が今のところないんですよね。『シックス、フォー、スリー、ダブルプレー』とか言いますけど、長いでしょ。それはちょっと刺さらないかなと。アメリカだと5-4-3の併殺をメリーゴーランドと言ったりもするけど、まだちょっとわからないかなと。一番簡単で日本人もまねできる。3文字までで中3までの英語と考えています。それだと何かスッと入ってくるツボがあるというか。

 最近、英語でスポーツをやろうという授業が出てきたり、これから東京オリンピックも来ます。義務教育でやっていることくらいパッと使えるように、スポーツを通じてできたらいいと思います」

 ホームランが飛び出した時の「イッツゴーン!」。最後に鼻に抜ける「ヌッ」の音を小さく付け加えるのは、アナウンサーとしてのこだわりだ。

「アナウンスの基本として語尾が流れたらダメなんですよ。英語のアナウンスも一緒。『ゴーン』と言っても残らないけど、『ヌッ』とピリオドをつけるイメージでやると、映えてくるんですよね。それはアナウンスの技術。ちゃんと単語を言い切るということです」

「試合に選手が勝つから注目してもらえるんです」

 選手やファンからの反響については「感謝しかない」と言う。

「この世界、話題にしてもらえることに感謝しかないですよね。ただ、そういう風にしてもらおうと思ってやっていたわけじゃないんですよ。たまたまバックグラウンドがそうであって。実況ではまだまだミスも多いし、自分の中ではそれだけが独り歩きしても絶対ダメだと思っています。

 あくまでもスポーツをしっかり伝えて、そのスポーツをもっと見たいとか、やりたいとか思ってもらえるような。スポーツ全体が盛り上がってくれたらいいですね。スポーツはお祭り。みんなが関わりたいと思う、そういう実況にしたいです。スタジアムに行ってその興奮を味わいたいとか。僕は選手じゃないですけど、そういう立場でスポーツを盛り上げていく方法、スポーツを通じて日本を豊かにしていきたいというのが根本にあります」

 これだけインパクトの残る実況をしていると、特に札幌の街で声をかけられることはないのだろうか。

「顔を見て、というのはないですね。あまり映像で顔が出ないので。ただ、しゃべると『あれっ?』と思われるんですよ。コンビニとかでも。『あれっ、聞いたことあります』みたいな。そこで『イッツゴーン!』と言ったら、『ああ!』ってなりますよね」

 日本ハムには、昨季本塁打王のレアード、打点王の中田、現在は離脱中の二刀流・大谷、覚醒中の大田らホームランバッターが揃っている。ファンは数多くの「イッツゴーン!」を待っているはずだ。

「たまたま東京ドーム(5月12日ロッテ戦)で7本出て、“ゴーン祭り”になりましたね。あれ、札幌ドームならシリーズで2本とかでしょ。記録になったから『ゴーン』も注目してもらえるんです。『僕が』じゃないんですよ。試合に選手が勝つから注目してもらえるんです。絶対そこを勘違いしちゃいけないと思うし、あくまでも解説者をしっかり立てて、盛り上げていくという役割だと思っています」

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

関連記事(外部サイト)