広島バティスタ、驚異の破壊力 デビュー10打席で4本塁打、長打率は1.800

初の1試合2発含む3安打3打点の活躍「ベルト付近のボールをどんどん振っている」

 広島のサビエル・バティスタ内野手が7日、敵地での日本ハム戦で初の1試合2本塁打を放ち、8-3での勝利に貢献した。3日のデビュー以来、4試合10打席で4本塁打と驚異の破壊力を見せつけている。

「8番・左翼」で先発出場すると、いきなり第1打席で魅せた。1点を追う2回2死三塁、斎藤のフォークを完ぺきに捉えて左翼席上段へ。逆転2ランでチームを勢いづけ、4回の第2打席は左翼フェンス直撃の二塁打で4得点のビッグイニングを演出した。

 これだけでは終わらない。4点リードで迎えた5回には、左腕エスコバーのチェンジアップを左翼席中段に叩き込んだ。「2軍では1試合2本を打ったことが2、3回あった。好調の要因? ベルト付近のボールをどんどん振っていること」。3日に支配下登録されたばかりの25歳は、浮かれることなくうなずいた。

【次ページ】前日は4タコも…石井コーチのアドバイスで「ポイントを前にすることを意識」

前日は4タコも…石井コーチのアドバイスで「ポイントを前にすることを意識」

 3、4日のロッテ戦で2試合連続代打本塁打と衝撃デビューを飾った。初めて先発出場した6日の日本ハム戦は4打数無安打に終わったが、この日は一転4打数3安打3打点の活躍。「琢朗さん(石井コーチ)のアドバイスで、ポイントを前にすることを意識した」と一夜で修正してみせた。

 ここまで4試合で10打数5安打7打点。5安打のうち本塁打4本、二塁打1本と驚異の長打力を見せつける。まだ10打席とはいえ、長打率1.800、OPS(出塁率+長打率)2.300と信じられない数字が並ぶが、本人に大振りの意識はない。「ホームランは狙っていない。コンパクトスイングでライナーを意識している」と話す。

 1軍初遠征となった札幌では、ブラジル料理とキューバ料理を味わった。北の大地にも大きなインパクトを残した育成出身の大砲は「優勝するために勝ちたい」とひたむきにバットを振り続ける。

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

関連記事(外部サイト)