ペーニャ加入決定が刺激に? ロッテ伊東監督「珍しく打線つながった」

ペーニャ加入決定が刺激に? ロッテ伊東監督「珍しく打線つながった」

ロッテ・伊東勤監督【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

13安打9得点で快勝

 いずれも4安打に終わった中日戦2試合について「ちょっとまた打てなくなった」を連発していたロッテ伊東監督。しかし8日の中日戦は13安打で9得点と打ち勝って、3タテを逃れた。

「なかなか波に乗れなかったが、この勝ちを明日(9日)に生かしていかないといけない。珍しく打線がつながって、1イニングで4安打もあった」と指揮官。サントス1番、角中2番、さらにラストチャンスの意味でパラデスを4番に入れ、5番鈴木の前後を両外国人で挟むオーダーが機能した。

 5失点の唐川は誤算で「緩急を交えながらいってほしかったが、ストレートを揃え過ぎた。ボール自体は悪くなかったが」と、投打の歯車の相変わらずのチグハグさは否めなかったが、パラデス、ダフィーの両外国人が揃って機能し始めたのは明るい材料。新外国人ペーニャの加入が刺激になっている。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

関連記事(外部サイト)