ソフトB柳田が3試合連続の先制打 21試合連続安打で交流戦18打点目

岩貞からセンターへタイムリー

 ソフトバンクが先制に成功した。9日の阪神戦(ヤフオクD)。初回、またしても柳田が先制の一打を放った。

 1死から今宮が三塁ベースに当たる二塁打を放って出塁すると、交流戦絶好調の柳田が貴重な一打を放った。1ボールからの2球目。阪神先発の岩貞の外角への真っすぐを捉えると、打球は中前へ。今宮が本塁へと生還する中前適時打となった。

 この日までに交流戦だけで6本塁打17打点を荒稼ぎしていた柳田。7日、8日のヤクルト戦でも先制打を放っており、これで3試合連続となる先制の一打。自身の連続安打も、21試合連続安打に伸ばした。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)