ハーパーが強烈フルスイングでボールを“破壊” 米メディア「間違いなく反則」

ナショナルズのブライス・ハーパー外野手がフルスイングでボールを“破壊”

記事まとめ

  • ナショナルズのブライス・ハーパー外野手は8日(日本時間9日)のオリオールズ戦に出場
  • 右腕アッシャーが投じたカーブをヘルメットが脱げるほど力を込めてフルスイングした
  • ボールは皮が剥がれ不規則なバウンドで転がりファウルに、多くの米メディアが報道

ハーパーが強烈フルスイングでボールを“破壊” 米メディア「間違いなく反則」

ハーパーが強烈フルスイングでボールを“破壊” 米メディア「間違いなく反則」

ナショナルズのハーパー【写真:Getty Images】

ボールの皮が剥がれファウルに、多くの米メディアが取り上げる

 ナショナルズのブライス・ハーパー外野手が8日(日本時間9日)のオリオールズ戦でボールを“破壊”し、話題となっている。

 4点リードで迎えた2回、1死一塁でフルカウントから右腕アッシャーがカーブを投じると、ハーパーはヘルメットが脱げるほど力を込めたフルスイング。しかし、しっかりと捉えることは出来ず、打球は三塁方向のファウルゾーンへと転がった。

 スローモーションのVTRを見ると、ハーパーのスイングでボールは皮が剥がれ、不規則なバウンドで転がっていた。この場面は大きな話題となり、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」など多くの米メディアがこの場面を取り上げた。FOXスポーツは「ブライス・ハーパーがこのボールにしたことは、間違いなく反則(ファウル)だ」と、ファウルと反則をかけたタイトルで伝えている。

 若きスーパースターはこの試合、4打数3安打1打点の活躍で6-1での勝利に貢献。打率.325、15本塁打、46打点と好調を維持している。

関連記事(外部サイト)