ロッテ・サントスが初4安打で勝利に貢献 伊東監督を驚かせたプレーとは…

ロッテ・サントスが初4安打で勝利に貢献 伊東監督を驚かせたプレーとは…

ロッテのロエル・サントス【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

初の二盗も決める活躍、「自分のできることを100%やる」

「走り打ち」のロッテ・サントスが9日のヤクルト戦で初の4安打の活躍。真価を見せ始めた。

 初回に先頭打者で左前打を放つと、来日初の二盗を決め、先制点の足がかりとした。4回には中前打で2死満塁とチャンスを広げ、角中の5点目に繋げた。6回は無死一塁で初球に「走り打ち」のようなバントを失敗。2球目も同じバント失敗だったが、何と自らスリーバントを敢行。それが三塁前への内野安打になり「あれはサインじゃないからね。送りバントのサインは初球だけ」と伊東監督を驚かせた。

 8回にも左前打で4安打の荒稼ぎ。待望の長距離砲ペーニャがこの日来日したが、安打製造機ぶりは、今後に期待を抱かせる。「日本のピッチャーは素晴らしいが、自分のできることを100%やって、勝利に貢献したい。どんどん勝って、いい流れを作りたい」とお立ち台では、お約束の決め台詞「イチ、二、サントス」でZOZOマリンのロッテファンを沸かせた。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

関連記事(外部サイト)