6連敗の日ハムで古巣・巨人相手に光った左腕、イメージ通りの“阿部斬り”

6連敗の日ハムで古巣・巨人相手に光った左腕、イメージ通りの“阿部斬り”

日本ハム・公文克彦【写真:石川加奈子】

ピンチで阿部、村田と対峙の公文「抑えることだけ考えていました」

 日本ハムは9日、本拠地で巨人に1-2で敗れて6連敗を喫した。敗戦の中で光ったのは移籍1年目の公文克彦投手だ。古巣相手に8回1死二塁でマウンドに上がると、阿部、村田と強打者2人をピシャリと抑えた。

 イメージしていた通りの阿部斬りだった。「左バッターは1人しかいないので行くならその場面になると思っていました。初球から来るかなと思って、腕を振ろうと思ったらいいところに投げられました」。初球外角低めスライダーでニゴロに打ち取った。

 対戦したい巨人の打者として真っ先に阿部の名前を挙げていたが、マウンドでは変な意識はしなかったという。「(マウンドに)行ったら(一人の)バッターという感じ。抑えることだけ考えていました」と無心で立ち向かった。続く村田も二直に打ち取り、5球で2人を料理。「自分にとっても自信になります。今、結果は悪くないので、これからも1試合1試合、抑えていきたい」。古巣相手に大きな手応えをつかんだ様子だった。

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

関連記事(外部サイト)