阪神、ホークス松本から序盤4得点! 糸原、上本が2点適時二塁打

先発の青柳を援護

 阪神が2回にビッグイニングを作り出した。10日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。ソフトバンク先発の松本の自滅に乗じて、一気に4点を先制した。

 先頭の福留、続く原口が2者連続四球を選ぶと、鳥谷の二ゴロの間にそれぞれ進塁。中谷も四球で満塁とすると、糸原が右翼線を破る2点適時二塁打。なおも二、三塁で上本も左翼線への2点適時二塁打を放った。

 前夜はソフトバンク投手陣の前に散発4安打に終わっていた虎打線。この日は糸井が左太もも裏の負傷でスタメンを外れたが、序盤に得点を奪い、先発の青柳を援護した。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)