虎ファンもため息 ソフトB柳田が本塁スーパー返球「回れ、回れと思っていた」

虎ファンもため息 ソフトB柳田が本塁スーパー返球「回れ、回れと思っていた」

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

連続試合安打21でストップ、「形はいいのでまた明日から」

 10日の阪神戦で3打数ノーヒット(1四球)に終わったソフトバンク柳田悠岐。チームが1-5と敗れた中で自身の連続試合安打も21でストップしたが「(打撃の)形はいいので、また明日からがんばります」とサバサバとした表情で語った。

 阪神の先発・青柳晃洋の前に空振り三振、ショートライナー(相手好守備)に倒れた柳田は「タイミングをちょっとずつずらしてくる投手。タイミングをしっかり合わせられるかどうかがポイントだったが、そこをずらされた」と振り返った。

 打撃ではいいところがなかったが、守備ではしっかりとチームに貢献。4回表には2死二塁の場面で、俊介が放ったセンター前の打球に猛チャージ。捕球すると素早くホームにダイレクト返球して、二塁走者の糸原健斗を刺した。

「あそこは(三塁を)回れ、回れと思ってました」と、思惑通りの展開にニンマリ。7回表には上本博紀のヒット性の打球を、俊足を生かしてセンターフライにしてみせた。「それは(外野守備コーチの)村松さんのノックのおかげです」。

 この日、終始盛り上がりを見せたいたタイガースファンも、柳田のスーパープレーの直後には大きなため息を漏らすしかなかった。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

関連記事(外部サイト)