「タムさんのリードのおかげ」― 4勝目のマウンドで見えたロッテ二木の成長

「タムさんのリードのおかげ」― 4勝目のマウンドで見えたロッテ二木の成長

ロッテ・二木康太【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

二木「タムさんのリードのおかげ」

 ロッテの若き二木、田村のバッテリーがチームに今季2度目の3連勝をもたらした。10日のヤクルト戦で今季8度目の先発をした二木は、前回3日の広島戦4回3失点降板の口惜しさをバネに、6回まで1失点でしのぎ、7回先頭山田の左右間二塁打で降板したが、松永、内のリレーでチーム勝ち頭の4勝目をマークした。

「フォークがちょっとよくなかったが、タムさん(田村)のリードのおかげで勝てました。多分(自分が登板した中で)一番の強い風で立っていてもふらついたが、風のお陰で勝てました」と13〜14メートルの強風を味方にした。

 風の影響でフォークは逆に落ちず、中盤まで苦労したが、強風に後押しされて、初回からストレートが走った。1−0の4回1死一塁では昨年までの同僚の大松を142キロの速球で三ゴロ併殺。5回は西田の中犠飛で同点に追いつかれたが、山田を敬遠気味に歩かせた2死一、二塁で2番の藤井を一ゴロに打ち取り、最小失点でしのいだ。

田村も援護、「ヤマを張って狙っていった」

 女房役の田村は、その二木を強烈に援護。6回、石山から「スライダーがめちゃ曲がって、ヤバいなと思っていたので、もう1球くるとヤマを張って狙っていった」と131キロの外角スライダーを右中間へ貴重な勝ち越しの2点タイムリー打を放った。

 100球を超えた7回のマウンドは二木の成長の証しだ。大引、鵜久森を簡単に内野ゴロに打ち取り、同点犠飛の西田にはこの日MAXの148キロを連発して右邪飛で三者凡退と流れを渡さなかった。

「昨年までなら、多分6回で終わりで、7回は投げさせてもらえなかった。信頼されているのを感じた。自分の中でもあそこでギアを入れられた」と二木。昨年オフから、腕の振り方などフォームの修正と筋力トレーニングを地道に毎日続けてきた努力が結果につながった。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

関連記事(外部サイト)