古巣Gに挑むハム村田、栗山監督エール「楽しんで。あとはこっちが勝たせる」

古巣Gに挑むハム村田、栗山監督エール「楽しんで。あとはこっちが勝たせる」

日本ハム・村田透【写真:石川加奈子】

NPBで初勝利かかるも「チームの勝ちにつながるように」

 日本ハムの逆輸入右腕・村田透投手が11日、本拠地での巨人戦に先発する。NPB初登板を果たした今季、まだ手にしていない勝利を古巣相手につかみたいところだ。

「最終的に成長できたところを見せられたらいいですけど、まずは自分のピッチングをするだけです」と村田は平常心を強調した。

 ドラフト1巡目入団した巨人では08年から3年間在籍し、1軍登板機会はないまま自由契約となった。その後、米国で6年間プレーして日本ハム入りした苦労人だ。

 今季はここまで6試合に登板して、0勝1敗で防御率3.10の成績を残している。前回登板した4日の阪神戦では4回3安打1失点で降板した。「自分の勝利はどうでもいい。それよりもチームの勝ちにつながるように、無駄な球を投げずにいい流れを作りたい」。5度目の先発マウンドへ強い気持ちで上がる。

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

関連記事(外部サイト)