ホークス、6カード連続勝ち越し&交流戦首位タイ浮上もデスパイネ負傷の代償

千賀の代役で先発の山田が今季初勝利

 ソフトバンクにとって、大きな代償を払う1勝となった。11日の阪神戦(ヤフオクD)。5-2で勝利し、6カード連続勝ち越し、交流戦でも4カード連続の勝ち越しを決めたが、主砲のアルフレド・デスパイネ外野手が負傷交代。今後に不安を残す試合になった。

 初回、阪神先発の小野の立ち上がりを捕まえた。四球で出塁した川崎を二塁に、柳田を一塁に置き、デスパイネが右前へ先制の適時打。さらに中村晃、松田と2つの四球でもう1点を追加した。

 3回には1死一、二塁で松田が右翼フェンス直撃の適時打を放って1点を追加。だが、この時二塁走者だったキューバ人助っ人に、三塁を回ったところでアクシデントが起こった。デスパイネが苦悶の表情を浮かべ、右足を引きずるようにし、何とか本塁を駆け抜けた。右太もも裏を痛めた模様で、5回の打席で代打ジェンセンが送られ、試合中に病院へ向かった。

 序盤に掴んだリードを投手陣が守り抜いた。この日が今季初先発だった山田は走者を出しながらも、失点は5回に梅野に浴びたソロの1点のみ。左背部の張りで登録を抹消された千賀の代役として、6月6日のウエスタンリーグ・オリックス戦(タマスタ筑後)から中4日での登板となったが、5回4安打1失点にまとめて今季初勝利。救援陣は3番手の森が喫した1失点のみでまとめ、打線も8回に2点を加えて勝利した。

 阪神は先発の小野の立ち上がりが誤算。4つの四球を与え、わずか1安打で2点を失った。2回以降は140キロ台後半の真っすぐを軸に力投を見せただけに、初回の失点がもったいなかった。打線も繋がりを欠いた。4回に梅野が2号ソロ、7回には2死一、二塁から代打・糸原が右前適時打を放って1点差に迫ったものの、高山が投ゴロに倒れて反撃ムードがしぼんだ。

 この日交流戦首位のオリックスが敗れたため、ソフトバンクは1位タイに浮上した。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)