イチロー11戦ぶり先発で今季2号、複数本塁打は4年ぶり 通算3046安打に

イチローが11戦ぶり先発で4年ぶり複数本塁打となる今季2号 米通算安打24位まで7本

記事まとめ

  • マーリンズのイチローがパイレーツ戦に7番右翼で11戦ぶりの先発出場を果たした
  • 2回に好捕を見せたイチローは、8回に4年ぶり複数本塁打となる今季2号本塁打を放った
  • イチローは通算3046安打として、歴代24位ロッド・カルー氏まで残り7本としている

イチロー11戦ぶり先発で今季2号、複数本塁打は4年ぶり 通算3046安打に

イチロー11戦ぶり先発で今季2号、複数本塁打は4年ぶり 通算3046安打に

今季2号本塁打を放ったマーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

3戦連続安打で歴代24位カルーに「7」、マーリンズは2連敗

 マーリンズのイチロー外野手が11日(日本時間12日)、敵地でのパイレーツ戦で今季2号本塁打を放った。10日(同11日)の試合で右手に死球を受けたスタントンに代わって1回から緊急出場していた背番号51は、「7番・右翼」で5月31日(同1日)のフィリーズ戦以来、11試合ぶりに先発出場し、3打数1安打。3試合連続安打でメジャー通算3046安打として、歴代24位ロッド・カルー(3053本)まで残り7本とした。

 イチローは2回、まずは守備で魅せる。相手投手ノバの右翼線ギリギリへの当たりを、逆光の中で最後はジャンプしながら好捕。敵地はため息に包まれた。

 直後の3回は先頭で一ゴロ。5回1走者なしの場面でも二ゴロに倒れる。マーリンズは初回に2点を失うと、6回にも1点を追加されて3点ビハインドで終盤へ。そして、迎えた8回にイチローから会心の一発が飛び出した。

 先頭で打席に立つと、この回から登板した右腕ハドソンの93マイル(約150キロ)の直球をとらえる。打球はライナーで右翼席に飛び込むソロ弾となった。イチローの本塁打は古巣の本拠地セーフコフィールドで劇的な一発を放った4月19日のマリナーズ戦以来、今季2本目。複数本塁打は2013年(7本)以来、4シーズンぶりとなった。

 しかし、マーリンズは1-3で敗れて2連敗。イチローは3打数1安打で打率.198となった。

関連記事(外部サイト)