鈴木、丸ら広島打線が好調 中日の先発投手陣が安定…17年第11週投打5傑【セ編】

鈴木、丸ら広島打線が好調 中日の先発投手陣が安定…17年第11週投打5傑【セ編】

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

巨人、ヤクルトは連敗ストップ

 交流戦後半戦、巨人、ヤクルトの連敗はストップしたが、依然、不利な状況が続いているセ・リーグ。上位と下位の格差が開きつつある。

【セ・リーグNPB第11週(6/5-6/11)】

広島(6試合4勝2敗0分 勝率.667)
阪神(6試合3勝3敗0分 勝率.500)
DeNA(6試合3勝3敗0分 勝率.500)
中日(6試合3勝3敗0分 勝率.500)
巨人(6試合1勝5敗0分 勝率.167)
ヤクルト(6試合1勝5敗0分 勝率.167)

セ・リーグ(36試合15勝21敗0分 勝率.417)

 広島、阪神、DeNA、中日までが5割をキープ。巨人とヤクルトが1勝5敗。赤字はこの2球団が生んでいる。

【打者5傑】

○安打
1丸佳浩(広) 11
2京田陽太(中) 10
3鈴木誠也(広) 9
4宮ア敏郎(De) 8
4ロペス(De) 8
4大島洋平(中) 8

○本塁打
1鈴木誠也(広) 2
1宮ア敏郎(De) 2
1バティスタ(広) 2
1本塁打 15人

○打点
1鈴木誠也(広) 9
2筒香嘉智(De) 6
3宮崎敏郎(De) 5
3バティスタ(広) 5
3丸佳浩(広) 5

○盗塁
1大島洋平(中) 2
1田中広輔(広) 2
1西川龍馬(広) 2
1糸井嘉男(神) 2
1野間峻祥(広) 2

○打率(規定打席以上)
1丸佳浩(広) .440
2京田陽太(中) .385
3坂口智隆(ヤ) .350
3平田良介(中) .350
5宮ア敏郎(De) .348

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味

1鈴木誠也(広) 6.71
2坂口智隆(ヤ) 6.07
3宮ア敏郎(De) 5.68
4丸佳浩(広) 5.56
5京田陽太(中) 5.28

 広島、丸が安打を量産、鈴木も打点を荒稼ぎ。バティスタはデビューから2試合連続本塁打。中日の新人京田も10安打の活躍を見せた。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1大瀬良大地 (広) 1
1岡田明丈(広) 1
1ジョンソン (広) 1
1薮田和樹(広) 1
1マイコラス(巨) 1
1熊原健人(De) 1
1パットン(De) 1
1M口遥大(De) 1
1青柳晃洋(神) 1
1秋山拓巳(神) 1
1メッセンジャー(神) 1
1ブキャナン (ヤ) 1
1大野雄大(中) 1
1バルデス(中) 1
1又吉克樹(中) 1

○セーブ
1今村猛(広) 2
2マシソン(巨) 1
2山崎康晃(De) 1
2ドリス(神) 1
2田島慎二(中) 1

○ホールド
1桑原謙太朗(神) 2
1ジャクソン (広) 2
1中崎翔太(広) 2
1ホールド 11人

○奪三振
1マイコラス (巨) 10
2M口遥大(De) 9
2ブキャナン (ヤ) 9
4又吉克樹(中) 8
5小笠原慎之介(中) 7
5柳裕也(中) 7
5大野雄大(中) 7
5岩貞祐太(神)7
5能見篤史(神)7

○防御率(規定投球回数以上)

1又吉克樹(中) 0.00
1大野雄大(中) 0.00
1バルデス(中) 0.00
1国吉佑樹(De) 0.00
5マイコラス(巨) 1.13
5今永昇太(De) 1.13

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1又吉克樹(中) 36.79
2ブキャナン(ヤ) 35.14
3大野雄大(中) 28.62
3バルデス(中) 28.62
5国吉佑樹(De) 24.53

 リーグ防御率は4.09。先発は中日勢が好調。中日・又吉がプロ入り初完封。大野、バルデスが7回零封。ヤクルト、ブキャナンはこの週2度先発し、13回を投げて自責点1、DeNA国吉は救援で6回を投げ自責点0。救援では広島、今村が2セーブを挙げた。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)