サントス首位打者デビュー、柳田“2冠”、大田活躍…17年第11週投打5傑【パ編】

サントス首位打者デビュー、柳田“2冠”、大田活躍…17年第11週投打5傑【パ編】

ロッテのサントス【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

「走り打ち」サントスは最多11安打、大田は古巣巨人相手に躍動

 交流戦も残すところ2カード、パ各球団もペナントレースの約4割を消化し、シーズンの形成が明らかになってきた。今季も交流戦はパが優勢。リーグトータルでも大きく勝ち越していることが、パのペナントレースに影響を及ぼしている。

【パ・リーグNPB第11週(6/5-6/11)】

ソフトB(6試合5勝1敗0分 勝率.833)
西武(6試合5勝1敗0分 勝率.833)
楽天(6試合3勝3敗0分 勝率.500)
オリックス(6試合3勝3敗0分 勝率.500)
ロッテ(6試合3勝3敗0分 勝率.500)
日本ハム(6試合2勝4敗0分 勝率.333)

パ・リーグ (36試合21勝15敗0分 勝率.583)

 ソフトバンクと西武が5勝、ロッテまでが5割をキープ。日本ハムが唯一負けこしたが、連敗を止めてここ2日間は連勝している。

【打者5傑】

○安打
1サントス(ロ) 11
2大田泰示(日) 10
2中村晃(ソ) 10
4柳田悠岐(ソ) 8
4茂木栄五郎(楽) 8
4武田健吾(オ) 8

○本塁打
1柳田悠岐(ソ) 4
2大田泰示(日) 2
2茂木栄五郎(楽) 2
2ペゲーロ(楽) 2
2デスパイネ(ソ) 2
2外崎修汰(西) 2

○打点
1柳田悠岐(ソ) 12
2鈴木大地(ロ) 8
3外崎修汰(西) 7
3金子侑司(西) 7
5ペゲーロ(楽) 6
5メヒア(西) 6

○盗塁
1西川遥輝(日) 2
1盗塁 11人

○打率(規定打席以上)
1サントス(ロ) .524
2中村晃(ソ)  .455
2大田泰示(日) .455
4藤田一也(楽) .389
5メヒア(西)  .368

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味

1柳田悠岐(ソ) 7.42
2大田泰示(日) 7.39
3サントス(ロ) 5.90
4鈴木大地(ロ) 5.65
5中村晃(ソ) 5.50

 新加入のロッテ、サントスが11安打に加え打率5割と鮮烈なデビュー。ソフトバンク柳田は本塁打、打点でトップ。日本ハム大田泰士も古巣巨人戦で活躍した。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1鍵谷陽平(日) 1
1村田透(日) 1
1石川柊太(ソ) 1
1岩嵜翔(ソ) 1
1中田賢一(ソ) 1
1バンデンハーク(ソ) 1
1山田大樹(ソ) 1
1二木康太(ロ) 1
1涌井秀章(ロ) 1
1牧田和久(西) 1
1ガルセス(西) 1
1岡本洋介(西) 1
1ウルフ(西) 1
1十亀剣(西) 1
1則本昂大(楽) 1
1ハーマン(楽) 1
1美馬学(楽) 1
1黒木優太(オ) 1
1平野佳寿(オ) 1
1吉田一将(オ) 1
1大嶺祐太(ロ) 1

○セーブ
1サファテ(ソ) 3
1増田達至(西) 3
3松井裕樹(楽) 2
3増井浩俊(日) 2
5平野佳寿(オ) 1
5内竜也(ロ) 1

○ホールド
1シュリッター(西) 4
2岩嵜翔(ソ) 3
2森唯斗(ソ) 3
4松永昂大(ロ) 2
1ホールド 9人

○奪三振

1石川柊太(ソ) 12
1則本昂大(楽) 12
3バンデンハーク(ソ) 9
3高梨裕稔(日) 9
5美馬学(楽) 8
5菊池雄星(西) 8
5西勇輝(オ) 8
5山岡泰輔(オ) 8

○防御率(規定投球回数以上)
1中田賢一(ソ) 0.00
1ウルフ(西) 0.00
1バンデンハーク(ソ) 0.00
1メンドーサ (日) 0.00
5美馬学(楽) 1.13
5東浜巨(ソ) 1.13

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1中田賢一(ソ) 23.00
1ウルフ(西) 23.00
3バンデンハーク(ソ) 19.71
3メンドーサ (日) 19.71
5岡本洋介(西) 18.61

 リーグ防御率は3.29。ソフトバンク・中田賢一、西武・ウルフが7回を零封。ソフトバンクのバンデンハーク、日本ハムのメンドーサが6回零封。ソフトバンク石川柊太と、8試合連続2桁奪三振の楽天・則本昂大が12奪三振をマークした。救援は復帰のソフトバンク・サファテ、西武・増田達至が3セーブを挙げている。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)