日本ハムファイターズ斎藤佑樹が中日ドラゴンズ戦で先発も初回から4失点し炎上

記事まとめ

  • 日本ハムファイターズ斎藤佑樹は敵地での中日戦に先発し、初回から炎上した
  • 中日のアレックス・ゲレーロ、藤井淳志に2点打を浴びいきなり4点を失った
  • 斎藤は5月31日のDeNA戦で632日ぶりの勝利、今月7日の広島戦では3回8安打5失点と炎上

日ハム斎藤佑、初回からまさかの炎上4失点 ゲレーロ、藤井に2点打浴びる

勝てば3年ぶりのシーズン2勝も…

 日本ハムの斎藤佑樹投手は14日、敵地での中日戦に先発し、初回から炎上した。

 先頭の京田はニゴロに仕留めるも、亀澤はセンター前ヒット、大島はライトへのツーベースでニ、三塁のピンチ。ビシエドはストレートの満塁となった。

 ゲレーロはカウント1-1からシュートを左翼線に運ばれ、先制の2点タイムリーとされる。さらに、藤井もライトへのタイムリーツーベースでさらに2点。いきなり4点を失った。

 平田は遊飛、杉山は一ゴロに仕留めたものの、斎藤佑は首をかしげながらダグアウトに戻った。

 斎藤佑は5月31日のDeNA戦で632日ぶりの勝利。しかし、今月7日の広島戦では3回8安打5失点と炎上し、今季2敗目を喫していた。勝てば3年ぶりのシーズン2勝となるが、苦しい投球となった。

関連記事(外部サイト)