日本シリーズでは完全試合も 1人での達成よりレア、巨人が「継投ノーノー」

セ・リーグでは初の偉業、過去3例のうち2例は戦前の一リーグ時代

 6月14日の交流戦で、巨人はソフトバンクを3-0で下した。巨人投手陣は3人の継投でソフトバンク打線を無安打に抑えた。継投によるノーヒットノーランは史上4例目、セントラル・リーグでは初だ。

 3例のうち、2例は戦前の一リーグ時代のもの。

1941年6月22日 後楽園球場
黒鷲
010 001 000 | 2
000 000 000 | 0
名古屋

黒鷲投手成績
◯中河美芳 5回1/3 0被安打5与四球2奪三振 自責点0
 石原繁三 3回2/3 0被安打3与四球3奪三振 自責点0

1941年8月2日 西宮球場
名古屋
000 000 000 | 0
000 010 01X | 2
阪急

阪急投手成績
◯江田 孝 7回2/3 0被安打5与四球4奪三振 自責点0
 森弘太郎 1回1/3 0被安打0与四球0奪三振 自責点0

 戦前の2例は同じ年の40日余りの間に記録された。いずれも名古屋(今の中日)が喫した記録。当時は、ノーヒットノーランは記録として良く知られていなかったために、指揮官は投手交代に躊躇しなかった。

 中河美芳は名一塁手でもあり、二刀流で活躍。戦死したが、野球殿堂入りしている。両試合の救援投手は今の規定ならセーブが付いていた。

ソフトバンク「継投ノーノー」を記録されたのは11年前に続いて2度目

 もう1例は21世紀に入ってから、パシフィックリーグで記録された。

2006年4月15日 ヤフードーム
日本ハム
000 000 000 001 | 1
000 000 000 000 | 0
ソフトバンク

日本ハム 投手成績
 八木智哉 10回 0被安打4与四球7奪三振 自責点0
◯武田久 1回 0被安打0与四球0奪三振 自責点0
S MICHAEL 1回 0被安打2与四球1奪三振 自責点0

 延長戦での記録はこの1例だけだ。

 6月14日の例はセントラル・リーグの球団では初。また交流戦としても初となった。

2017年6月14日 東京ドーム
ソフトバンク
000 000 000|0
000 002 01X|3
巨人

巨人投手成績
◯山口俊 6回 0被安打4与四球8奪三振 自責点0
Hマシソン 2回 0被安打0与四球3奪三振 自責点0
Sカミネロ 1回 0被安打2与四球1奪三振 自責点0

 ソフトバンクも11年前に続いて2回目の継投によるノーヒットノーランを喫した。

2007年の日本シリーズでは落合監督の采配が物議

 なお、日本シリーズでは継投による完全試合が記録されている

2007年11月1日 ナゴヤドーム
日本ハム
000 000 000 | 0
010 000 00X | 1
中日

中日投手成績。
◯山井大介 8回 0被安打0与四球6奪三振 自責点0
S岩瀬仁紀 1回 0被安打0与四球1奪三振 自責点0

 当時の中日・落合博満監督は、日本シリーズでの完全試合という空前の大記録を目前にした山井を降板させて「非情の采配」と言われた。この勝利で、中日は4勝1敗となり、日本一に輝いた。

 ノーヒットノーランは投手の勲章と言われる大記録のため、継投はめったにない。山口俊は102球だったが、この日がシーズン初登板だったこともあり6回で降板した。ノーヒットノーラン以上にレアな記録だと言えよう。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)