オリ、舞洲のネーミングライツ締結発表 「大阪シティ信用金庫スタジアム」に

オリ、舞洲のネーミングライツ締結発表 「大阪シティ信用金庫スタジアム」に

選手寮やサブ球場、室内練習場などの施設を新設【写真提供・オリックスバファローズ】

「舞洲ベースボールスタジアム」の愛称は「シティ信金スタ」

 オリックスは15日、株式会社大阪シティドームから委託を受け運営している「舞洲ベースボールスタジアム」について、大阪シティ信用金庫と株式会社大阪シティドームとの間でネーミングライツ契約が締結されたと発表した。

 球場の愛称は「大阪シティ信用金庫スタジアム」に決定。略称は「シティ信金スタ」。契約期間は15日から3年間となる。「舞洲ベースボールスタジアム」は、2016年4月に大阪シティドームが大阪市から取得していた。

関連記事(外部サイト)