日本ハムファイターズのレアードに異変 走塁中に地面に突っ伏し負傷交代

記事まとめ

  • 日本ハムファイターズvs中日ドラゴンズ戦で、ブランドン・レアードが負傷交代した
  • 1死から松本剛が出塁し、中田翔が四球、レアード左肘付近に死球を受けた
  • レアードは二塁を回ったところで突っ伏し、栗山英樹監督は代走に田中賢介を送った

ハム・レアードに異変 走塁中に地面に突っ伏し途中交代、左足負傷か

田中賢が代走に

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が、負傷交代した。15日の中日戦(ナゴヤD)。5回の攻撃だった。 

 1死から松本が遊撃内野安打で出塁すると、中田が四球。ここで打席に入ったレアード。1ボール1ストライクからの3球目を左肘付近に死球を受けた。ここでは一度ベンチで治療を受けてプレーを続行したが、続く市川が先制の右前へ2点適時打を放ったところで、助っ人に異変が起きる。 

 左足を痛めたようで、二塁を回ったところでグラウンド上に突っ伏した。トレーナーに付き添われてベンチに下がると、しばらくして、栗山英樹監督は代走に田中賢を送った。

関連記事(外部サイト)