球宴中間発表 ホークス最多5選手圏内&柳田が全体1位浮上、阪神がセ最多4人

15日時点で柳田が秋山を抜き全体1位浮上

「マイナビオールスターゲーム2017」(7月14日・ナゴヤドーム、15日・ZOZOマリン)のファン投票締め切りが18日に迫っている。15日の中間発表ではパ・リーグ外野手部門でソフトバンクの柳田悠岐外野手が34万7201票を集め、全体トップに浮上。これまで両リーグ最多得票を得ていた秋山翔吾(西武、31万9163票)を抜いた。 

 セ・リーグの最多得票は三塁手部門の阪神・鳥谷敬で31万6317票。また、中継ぎ投手部門では1位マテオ(阪神、15万6717票)、2位マシソン(巨人、14万2012票)、3位ジャクソン(広島、13万9104票)と接戦が続いている。 

 抑え投手部門も1位山崎康晃(DeNA)が20万7669票、2位ドリス(阪神)が19万7719票と僅差で、捕手部門も梅野隆太郎(阪神、22万5962票)と小林誠司(巨人、20万7262票)が競り合っている。 

 球団別では阪神が出場圏内に4選手(マテオ、梅野、鳥谷、糸井嘉男=外野手部門)でセ・リーグ最多。またパ・リーグはソフトバンクが5選手(千賀滉大=先発投手部門、松田宣浩=三塁手部門、今宮健太=遊撃手部門、柳田、上林誠知=外野手部門)で最多となっている。一方、大谷翔平(日本ハム)はDH部門で1位をキープしている。

関連記事(外部サイト)