ドラフトは「本指名」でなければ― 元G守護神が背負う「使命」

ドラフトは「本指名」でなければ― 元G守護神が背負う「使命」

愛媛マンダリンパイレーツ・河原純一監督【写真:広尾晃】

就任1年目の愛媛・河原純一監督が語る自身の「使命」

 四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツは今季、弓岡敬二郎前監督がオリックス・バファローズの2軍育成統轄コーチとして転出し、2012年から同球団でプレーした元巨人、中日、西武の河原純一氏が新監督に就任した。2017年前期リーグは11勝20敗3分けで勝率.355。首位・徳島インディゴソックスから10.5差の4位に終わった。前期リーグを戦い終えて新監督はどう感じたのか。指揮官に話を聞いた。

――愛媛では4年間、投手としてプレーしましたが?

「最後の年は投げられなかったので実質3年ですが、一昨年に引退して、去年は1年愛媛マンダリンパイレーツ運営会社である星企画で仕事をさせてもらいました。野球人口が少なくなっている中、子どもたちに野球を普及させる仕事です。競技人口の減少は、レベルの低下につながりかねません。

 私は当初、愛媛県は野球が盛んなのかなと思ったのですが、そうでもないんですね。最近は愛媛県からプロ野球選手が出ていない印象です。それに、愛媛はもともと野球とともにソフトボールをやる習慣がありました。僕が育った神奈川県では、ソフトボールはしなかったのですが。それに最近はサッカーやいろんな競技が盛んになったので、昔みたいに運動神経がいい子は野球をやるという時代ではなくなっています。

 それではいけないとの思いから、去年は普及活動をさせてもらって、ゆくゆくは指導者にという気持ちはあったのですが、今年からとは思っていなかったのですが、弓岡監督も転出されたこともあって、オファーをお受けすることにしました」

――愛媛マンダリンパイレーツの野球についてどんな印象を持っていますか?

「愛媛にやってきて感じたのは、思ったよりレベルが低いということですね。独立リーグは、地域を盛り上げるという使命を持っています。その部分はいいかもしれないけれど、プロ野球選手を一人でも多く輩出するという目的は、このレベルじゃ難しいかなと思いました。そこを何とかしたい、指導者を引き受けたのはそういう気持ちもありました。

 NPBの指導者なら1軍に上がれるように指導するのでしょうが、ここでは違います。僕自身、駒澤大学時代に厳しい指導を受けてプロ野球選手に慣れました。それに近いレベルかなと思いました。NPBの選手の指導とは違って、それ以前から教えないといけないな、とは現役時代から思っていました。より遠くに投げる、速い球を投げる、速く走る、そのための体力がない。技術の向上も当然必要ですが、その土台になる体力も出来上がっていないから、そこから始めないと」

独立リーグは「プロを目指す場であるとともに野球をあきらめる場」

――チームの方針は、育成優先だったわけですね。

「今年、高卒の選手が3人入ってきましたが、そういう若い選手をみっちり鍛えて試合に出していくことが、大事です。選手を育てないと、安定したチームもできません。NPBに送り出すことを考えても、若くていい選手を作らないと、と思います。そういう流れを作らないとダメですね。いくら力があるからと言っても、24、5歳の子をとってきても、成績を上げさせても、プロ入りは厳しい。単に勝つためなら年配の選手や、外国人選手でチームを作ればいいですが、それではNPBに選手を輩出するという目的は果たせません。

 もちろん、若い選手を育てるのは簡単ではありません。高卒の3人のうち、打者の堀尾晃生は4番で使いましたが、投手は投げていない。1つ上の2人の投手もまだまだです。そういう試合に出ていない選手たちが、来年再来年にどうなっていくのか、が大事です。年上の選手は、若い選手の見本として必要です。正田樹(投手、元日本ハム、ヤクルトなど)もお手本ですね」

――後期に向けて、どのような展望を持っていますか?

「前期より少しでも成長したものをお見せしたいと思います。試合の勝敗もそうですが、野球に取り組む姿勢、考え方も成長してほしい。前期の負けを教訓として、中断する期間に練習していきます。具体的にな順位や勝ち星はまだわかりませんが、成長が感じられないと、何もかも無駄になります。勝ち星だけでなく、負けたことも無駄になります。いつまでも同じことをさせないように、指導していきたい。独立リーグは個々がプロを目指す場であるとともに、野球をあきらめる場でもあります。厳しさの中で教えていかないといけないでしょう」

ドラフト注目選手は…又吉のような選手が「毎年出てほしい」

――今季のドラフトで注目の選手は?

「四戸洋明(投手)には、一応スカウトの方々が注目してくれています。彼は3年目、1年目は僕も現役でチームメイトでした。面白いのかな、とは思うけど、まだまだ足りない部分がある。まだ21歳ですが、育成枠で指名されるのはもったいない。ドラフトで指名された選手は横一線のように言いますが、1位と8位ではチャンスの数が違いますし、育成枠はもっとチャンスが少ない。本指名をしてもらわないと仕方がないんです。

 四国アイランドリーグplusから本指名でとってもらったのは又吉克樹(香川オリーブガイナーズからドラフト2位で中日)くらいです。うちでなくてもいいから、そういう選手が毎年、出てほしい。そうなるためには、あ、こいつほしいなと思ってもらわないとだめです。だから四戸をはじめ、NPBを目指す選手はさらに頑張ってほしいと思います」

――四国での生活も5年目ですが。

「僕は神奈川で生まれて、駒澤大学、巨人、西武とずっと地元関東でした。そのあと中日で3年プレーしましたが、愛媛県はもう5年、これまでで2番目に長く生活していることになります。プロ野球選手はキャンプや遠征もあるので、いろいろなところで生活することには慣れています。でも、愛媛のみなさんに、喜んでいただけるよう、チーム、選手を成長させたいですね」

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)