青木宣親にトレードの可能性…新人外野手の台頭でチーム残留危機と米記者

青木宣親にトレードの可能性 アストロズの番記者がファンの質問に答える形で示唆

記事まとめ

  • 日米通算2000安打の金字塔に達したアストロズ青木宣親の立場が危うくなっているという
  • アストロズの番記者が「今季ワースト打者」であることを指摘し青木の危うい立場を示唆
  • アストロズは最近怪我人が続出しており、投手の補強に努める可能性は十分にあるという

青木宣親にトレードの可能性…新人外野手の台頭でチーム残留危機と米記者

青木宣親にトレードの可能性…新人外野手の台頭でチーム残留危機と米記者

アストロズ・青木宣親【写真:Getty Images】

有望株フィッシャーがデビュー戦で初本塁打を含む2安打2四球

 日米通算2000安打の金字塔に達したアストロズ青木宣親外野手。今季は左翼のポジションを他の外野手と分け合っている状況だが、14日(日本時間15日)にデビューしたばかりの超有望株の台頭で、チーム内での立場が危うくなっているようだ。球団公式サイトの番記者ブライアン・マクタガート記者が、ファンの質問に答える形で示唆している。

 14日レンジャーズ戦で、2014年ドラフト1巡目(全体37位)指名のデレク・フィッシャーが、メジャー初本塁打を含む2安打2四球と鮮烈なデビューを飾った。フィッシャーは、脳震とうを起こして7日間の故障者リスト(DL)入りした外野手レディックの代役として昇格。超有望株として期待されていた新人は、デビュー戦でいきなり結果を残した。

 まだ出場はわずか1試合だが、これにファンは大興奮。マクタガート記者が定期連載する質問コーナーに「レディックがDLから復帰する時、もしフィッシャーの好調が続いたら、アストロズは投手を1人減らすのでしょうか? アオキは打率.273ですが、戦力外になるとは思えません。マリスニックも不動でしょうし、GMはトレードに踏み切るのでしょうか?」という質問が寄せられた。

 これに対し、同記者は「レディックが戻ってくる時、フィッシャーとアオキのどちらがチームに残るかは非常に興味深いですね」と返信。絶好調のアストロズ打線の中で、青木が「今季ワースト打者」であることを指摘すると同時に、現時点では「フィッシャーがよりよく、より若く、より運動能力でも勝っているオプションに見える」とし、青木の置かれている立場が危ういことを示唆している。

 アストロズは最近怪我人が続出し、投手の補強が課題とされている。今季年俸550万ドル(約6億900万円)の青木をトレードに出す、もしくは将来有望なフィッシャーか他の外野手をトレードに出して、投手の補強に努める可能性は十分にあるだろう。

 レディックがDLから復帰できるのは最短で20日(同21日)。この時、果たしてアストロズはどんな決断を下すのだろうか。

関連記事(外部サイト)