青木宣親、勝ち越し機に代打出場も好守に阻まれ三直、チームは1-2で惜敗

青木宣親、勝ち越し機に代打出場も好守に阻まれ三直、チームは1-2で惜敗

アストロズ・青木宣親【写真:Getty Images】

同点の7回2死二、三塁で痛烈な打球を飛ばすも…

 アストロズの青木宣親外野手は16日(日本時間17日)、本拠地でのレッドソックス戦に代打出場し、勝ち越しチャンスで惜しくも三塁ライナーに倒れた。チームは8回に勝ち越しを許し、1-2で惜敗した。

 1-1の同点に追いついた7回。なおも2死二、三塁の絶好機に代打として打席に立った青木は、レッドソックス2番手ケリーと対峙。フルカウントから9球目を強振し、痛烈な打球を飛ばしたが、三塁手ルートリッジのジャンピング好捕に阻まれ、三塁ライナーに倒れた。

 8回からは右翼の守備に就き、逆転のチャンスを伺ったが、一歩及ばなかった。

関連記事(外部サイト)