広島が初交流戦1位へ“逆王手”、勝率単独トップ再浮上 前日3連発の丸が決勝弾

18日もソフトバンクとの直接対決に勝てば初の勝率1位に

 広島が交流戦勝率1位の可能性を残した。17日のソフトバンク戦(マツダ)。同点で迎えた8回に、前日3打席連続本塁打を放っていた丸が値千金の勝ち越し弾。頂点を争うソフトバンクに3-2で競り勝ち、勝率単独トップに再浮上。交流戦最終戦となる18日に勝てば、勝率1位が決まる。

 先制したのは、前日に続きソフトバンクだった。初回1死から打席に入った今宮が、値千金の一打を放った。1ボール1ストライクからの3球目。広島先発の野村が投じたインコースのシュートを捉えた。快音を残した打球は左中間スタンドへ飛び込む先制の3号ソロとなった。4回には中村晃、上林、松田の3連打で1点を追加した。

 広島はその直後に反撃する。4回1死から、丸がこの日チーム初安打となる中前安打で出塁すると、松山が右翼線への二塁打を放ち、二、三塁のチャンス。ここでエルドレッドが、ソフトバンク先発の松本裕のボールに詰まりながらも中前へ落とす2点適時打を放って、試合を振り出しに戻した。

 勝負が決まったのは8回だ。中崎が2つに四球で招いた1死一、二塁のピンチを凌ぐと、丸が決めた。ソフトバンク2番手の岩崎が投じた初球、真っすぐを捉えた。糸を引くような打球はグングンと伸び、左中間席へ。勝ち越しの12号ソロになった。前日の試合で3打席連続本塁打の離れ業を演じていた丸が、この日は勝負を決める一発。最後は守護神の今村が2死ニ、三塁のピンチを背負うも、今宮を三ゴロ。安部のワンバウンドの送球を一塁のエルドレッドが何とかつかみ取り、接戦を制した。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)