3被弾の田中将大「打たれるべくして打たれてる」 リーグ最悪21被弾で7敗目

3被弾の田中将大「打たれるべくして打たれてる」 リーグ最悪21被弾で7敗目

今季7敗目を喫したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

4回8安打5失点で6連敗、今季4度目の3被弾以上に「やっぱり大きな問題」

 ヤンキースの田中将大投手は17日(日本時間18日)、敵地でのアスレチックス戦に先発し、4回8安打5失点の乱調で7敗目(5勝)を喫した。わずか4イニングで今季2度目の2桁奪三振も、先頭打者弾を含む3本塁打を浴び、自己ワーストの6連敗。ヤンキースは2-5で敗れ、今季最長の連敗は「5」に伸びた。今季リーグワーストタイの21被弾となった田中は、地元メディアに対して「大きな問題」と振り返った。

 田中は初回、ジョイスに初球の直球を捉えられ、ライトへの先頭打者弾を被弾。わずか1球で先制を許した。ヤンキース打線は2回に逆転。しかし、田中はその裏、1死でヒーリーにスプリットを捉えられ、レフトへの同点弾を浴びる。4回は先頭のヒーリーにスライダーを再びレフトスタンドへ運ばれる。この試合3本目、シーズンではノラスコ(エンゼルス)と並んでリーグワーストタイの21本目の被弾で、あっさりと勝ち越しを許した。

 その後、2死一、三塁とされてからロサレスにもタイムリーを浴びて4失点目。続くラウリーはセカンドへの適時内野安打で5点目を失い、82球でこの回限りで降板となった。

 試合後、田中は地元メディアに対して「ホームランを3本打たれてるので、それがやっぱり大きな問題だと思います。ヒーリーに対しての2本は打たれるべくして打たれてる球だと思うし、自分がミスした球を打たれて、ああいう結果になってしまいました」と振り返った。

4回10Kは球団史上初、「ボールのキレ自体はそこまで悪くなかった」

 被弾が多いことについての質問を受けると「それは相手が打ちやすいところに、コンタクトしやすいところに結果的に投げてしまってるかなと思います」と“自己分析“。21被弾は、早くも昨季の「22」にあと1本と迫る数字で、今季は4被弾が1試合、3被弾が3試合など、14試合のうち10試合で一発を許している。

 一方で、2回までに6三振を奪うなど、今季2度目の2桁奪三振となる10Kもマーク。元「ESPN」の記録調査員で、現在はヤンキース専門サイト「リバー・アベニュー・ブルース」などに寄稿するケイティ・シャープ記者のツイッターが伝えたところによると、4イニング以下で10奪三振はヤンキース史上初の記録となった。

 田中は被弾について反省した後に「まあでも、三振の数が示しているように、ボールのキレ自体はそこまで悪くなかったと思います」とも話した。

 この日は82球でストライクは54球。防御率は再び6.34まで悪化した。ヤンキースは今季最長の5連敗とチームを救えなかったが、地区優勝へ向けて、エースの復調が必要不可欠となる。

関連記事(外部サイト)