青木宣親3戦ぶり先発も3打数無安打、昨季サイ・ヤング賞右腕の前に倒れる

青木宣親3戦ぶり先発も3打数無安打、昨季サイ・ヤング賞右腕の前に倒れる

アストロズ・青木宣親【写真:Getty Images】

6回無死一、三塁の好機では二ゴロ併殺

 アストロズ青木宣親外野手は17日(日本時間18日)、本拠地でのレッドソックス戦に「9番・右翼」で先発。昨季サイ・ヤング賞に輝いたレッドソックス右腕ポーセロの前に3打数無安打に倒れた。打率は.271となった。

 3試合ぶりに先発出場した青木は、3点リードの2回1死走者なしでの第1打席は左飛、6点リードで迎えた4回先頭の第2打席に二ゴロに倒れた。6-1で迎えた6回無死一、三塁の絶好機で打席を迎えた第3打席には、2球目チェンジアップを打ち損じて二ゴロ。5月6日エンゼルス戦以来となる今季8個目の併殺を喫した。

 チームは先発ポーリーノが6回1失点の好投を見せると、打線はアルトゥーベとベルトランの本塁打などで7点を挙げて快勝した。

関連記事(外部サイト)