交流戦最高勝率へ、ソフトBが2回に3点勝ち越し 広島中村祐をKO

甲斐が勝ち越し打、福田が2点打

 ソフトバンクがすぐさま突き放した。勝った方が交流戦最高勝率に輝く18日の広島戦(マツダ)。同点に追いつかれた直後の2回に、鷹打線が鯉に牙を向いた。

 先頭の中村晃、高田が四球を選び、1死一、二塁とすると、急成長を遂げている捕手の甲斐が、広島先発の中村祐から左前適時打を放ち、勝ち越しに成功。さらに、1番に起用された福田も中前へ2点適時打を放ち、2点を追加した。

 続く今宮に右前安打を打たれたところで、中村祐はKOに。2番手・九里がマウンドに上がった。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)